« 2012ネパール旅行の参考情報いろいろ | トップページ | 今日の夕食は常陸牛メンチカツなど »

2012.12.04

ネパールで買ったケータイ用SIMカード

私はSIMロックを外したiPhoneを使っていますので、すべての方に適用できないかも知れませんが、一応参考のために記録しておきます。

121200ncell←Ncellのセット一式です。英語・ネパール語の小さなマニュアルがついています。
私はGEVEYのチップを使っているため、SIMをMINIサイズにカットしてもらいました(この使い方は特殊です)。

国内大手民間携帯会社Ncellの代理店のうち、プリペイドSIMが買える店をカトマンドゥ中心街でいくつか見かけました。(「Ncell」という看板を出している、プリペイドカードを売っている代理店は多数ありますが、小さいところではSIMは買えません。)
パスポートが必要です。(写真欄と滞在ビザのページのコピーを取られます)
※この時は1ルピー=約1円でした。

  • NcellのプリペイドSIM 初期410ルピー(50ルピー分の通話料含む)
  • インターネット1GBコース 約2150ルピー(プリペイドカードを2500ルピー分補充した後、特定番号にSMS発信して申し込む。)
  • 上記コースの場合、

    • ネパール国内通話 1分で4ルピーほど(プリペイドからの切り崩し)
    • 日本への国際通話 1分で30ルピーほど(プリペイドからの切り崩し)

(携帯の制度や料金は変化が激しいので、上記は参考程度にご覧ください。)

Iphone
※民間企業のNcellの他に、国営通信会社のケータイもあるそうですが、窓口にわざわざ行く必要があるなど手続きが煩雑とのことで勧められないと言われました。
※電波については、現在Ncellが一番いいらしいです。なお、私はアンナプルナトレッキングルートにも行きましたが、クルマの入れる範囲から外れるとほとんど通じません。
山の上では、村によってはピンポイントで通じることがあります。スポット的なアンテナが設置されていることがあるそうです。
※仮に安いプランにしてプリペイド額が足りなくなったら、Ncellと書いてあるお店でプリペイドカードを買って、スクラッチカードの番号などをテンキーで入力すれば金額を補充できます。(街なかには使い終えたプリペイドカードがたくさん捨ててありました(笑))


現地の電話番号を持っていると、ホテルや現地ガイドさんとの連絡にとても便利でした。
また、GoogleMapsが使えるのが重宝しました(まだiOS4を使っていますのでいい地図です(笑))。街を適当に歩いても迷わず戻ることができます。
ほぼいつでもツイッターやブログ更新ができるのも楽しかったですね。
なお、私の場合2週間の滞在で、通話は200ルピー分、データ通信は500MB分ほど使い残してしまいました。(500MBコースもあったそうなので、そちらにしておけばよかったなぁと。料金は聞き忘れました。)


自分の持っているケータイが現地SIMに合わない場合は、ケータイ本体が現地で20ドルくらいで買えるそうです。通話はもちろんOKですが、日本語入力は使えないはずなので、メールやSMSでは英語入力が必要です。

iPhone5用に、SIMをマイクロSIMの大きさにカットし、薄く削ってくれるSIM屋さんもあるそうです。

現在のところ、NTTDoCoMoの海外パケホーダイにはネパールは含まれていないのでお気をつけください。詳しくは成田空港などのDoCoMoショップでご確認ください。(他社については情報がありません。各社にお問い合わせください。)


|

« 2012ネパール旅行の参考情報いろいろ | トップページ | 今日の夕食は常陸牛メンチカツなど »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/56247354

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールで買ったケータイ用SIMカード:

« 2012ネパール旅行の参考情報いろいろ | トップページ | 今日の夕食は常陸牛メンチカツなど »