« マクロスFの後番組「黒執事」と板野一郎参加の「ラインバレル」 | トップページ | VF-25プラモにスペシャルデカール(模型ホビーショーで) »

2008.10.04

マクロスFのその後を想像してみました(TV版)

残念ながら、マクロスF(フロンティア)TV版は先週終わってしまいました。初代からのファンである私は(トシがばれる(笑))毎週ものすごく楽しみにしていたので、今では心にぽっかり穴があいたようです。
で、ウワサでは劇場版は、同じ設定、同じ登場人物で、少し異なったストーリーを描くとのことです。つまり、フロンティアが惑星に到着した後の話はあまりない模様。

であれば、勝手に想像の翼を広げることもできようというもの。自分なりに、フロンティアのその後を考えてみました。
おそらく正解はなくて、ファンそれぞれのストーリーが描けるんだと思います。
あまりロマンのかけらはなくて、実務的なことばかりになってしまいましたが(笑)。
この星が、惑星エデンのような居心地のいい星になるといいですね。


■星の名前を決めなくては…
裏でギャラクシーが糸を引いていたとはいえさんざん暴れまくったバジュラ。最後には相互理解ができて味方になってくれたものの、その「バジュラ」という言葉に多少の抵抗感を持つ市民がいるかも知れないので、「バジュラ母星」ではなく、「惑星フロンティア」といった名前になるかなぁと思いました。以下、惑星フロンティアで。

■まずは微生物、ウイルス調査
25話では、広々とした空と大地のもと、登場人物がさわやかなエンディングを迎えていましたが、ちと危険です(笑)。惑星に降りる前には、無人機ゴーストによる光学観測のみしかしていないようですので。星には未知のウイルスや微生物がうようよしていると思われますので、大急ぎで調査・分析を行なわなくてはなりません。
その間、一般市民の外出は、多少制限される可能性があると思います。
危険な微生物、ウイルスに対しては、ワクチンや薬を急ぎ開発する必要がありますね。
V型感染症ウイルスは、空気感染はしないので安心ですが。
メディック(衛生兵)でもあるカナリア・ベルシュタインは大活躍することと思います。

■地図作りと、生物・資源の調査
惑星の徹底的な調査が必要でしょう。
まずは地形を調査して、詳細な地図を作らなくては。
また、陸・海・空にどんな生命がいて、どんな生態系ができているか。動植物含めて、人間が食べることができるか否か。
更に、星にどんな資源が埋もれているかも調査が必要です。
先にGPS衛星数機を打ち上げて、正確な位置と高度の特定ができるようにしておくと便利ですね。

■気象と暦の調査
また、気象についても調査が必要。惑星フロンティア全体をカバーできる気象衛星数機を打ち上げるとともに、観測装置(アメダスのような装置)を惑星中にばら撒いて、気象パターンを分析するでしょう。こうすれば天気予報も出せるはず。地図の情報と照らし合わせて、農業や牧畜(カバ牛(笑)の放牧場所も)などが可能な場所を大々的に選定しなくてはなりません。
自転周期、公転周期を観測して、1日の長さや、1年の長さを決める必要もあります。
3つあった衛星の軌道や公転周期も必要ですね。うち2つはかなりの低軌道を描いていたので、海の満ち干きや気候にかなり影響を与えているでしょう。

■定期的な哨戒飛行も
調査を兼ねて、惑星フロンティア各地を哨戒飛行する必要があります。SMSも哨戒を受託することでしょう。
早乙女アルトは空が好きですから、宇宙任務ではなくこちらの任務を志願するでしょう。バジュラ母星突入時にVF-25Fをぶっ壊しましたが、また25が支給されるかな(笑)。飛ぶのが楽しいアルトはしばらく、歌舞伎の世界には戻らないでしょうね。

■更に落ち着いたら、バジュラ&遺跡調査
星の調査が進み、健康や食料の最低限の保証ができることが分かってきたら、次はバジュラやバジュラクイーンのことを調べることになるでしょう。一体どんな生態してたのやら。また、空にある巨大な構造物はいったいどうなっているのか。蜂の巣みたいに、分泌物と土などをまぜてバジュラが作ったのかなぁ。
また、ランカ・リー、シェリル・ノーム、愛KUNたちの協力を得て、フォールド通信の研究なども行なわれると思います。グレイス・オコナーたちマクロス・ギャラクシーの調査結果も、平和的に使われるといいですね。
また、この星にプロトカルチャーやゼントラーディの遺跡があるかどうかも調査されることでしょう。まぁ、プロトカルチャーの歴史は50万年くらいらしいので、もしバジュラが50万年以上この星に居座っていたら、プロトカルチャーもゼントラーディも寄り付けなかったとは思いますが(笑)。


■宇宙では…
まずは、恒星系内に危険な物体や宙域がないかどうかの調査と地図作り。また、24・25話によれば、惑星フロンティア近辺に小惑星もしこたまあったようですから、何万個あろうともこれらを急いで観測して、軌道計算をしておかなくてはなりません。時々惑星に落ちてくるものがあるでしょうから、落下予報をする必要があります。
また、小惑星のうち、金属など資源として使えるものが多い衛星を選んで、資源確保を始める必要があります。
更に、(ちょいと残酷ですが)バジュラの遺体から貴重なフォールドクォーツを回収する作業が行われるかも。

宇宙でも、惑星同様に定期的な哨戒飛行が必要になると思います。宇宙工学を学びたいと言っていたミーナ・ローシャンは、宇宙での管制勤務を志願するかも知れません。
マクロス25(クォーター)もバトルフロンティアも惑星に着水してしまい、宇宙での拠点がなくなってしまったので、3つある衛星のどれかに、きっと宇宙基地が作られるでしょう。


■落ち着いたところで、合同葬儀…
最低限の状況調査ができたところで、今回の戦役で亡くなった方の合同葬儀が行なわれることでしょう。あぁ、ミシェル…。ララミア・レレニアも、新統合軍マルヤマ准尉たちも。

■一方で、惑星到着記念コンサートも
シェリル・ノーム&ランカ・リーによるコンサートもありそう。2人のマネージャーはエルモ・クリダニク社長。ランカは松浦ナナセデザインの衣装を着て。メイク担当はボビー・マルゴ姉さん。
惑星各地に街ができるようになったら、かつてのリン・ミンメイのように、シェリルとランカが巡業を始めるかも知れません。
また、シェリルにならってランカもギャラクシー・ツアーに出るかも。
ランカやシェリルは、地方巡業やギャラクシー・ツアーの警備担当として、アルトを指名するかも知れません。アルトがVF-25Fでツアーに同行。
すると、またもや恋のかけひきになるでしょうね。ある夜は「あたしの部屋で料理を作りなさい!」とシェリルの部屋に呼びつけられ、ある夜は「相談したいことがあるの」と悩むランカのそばにいてやり…。この幸せ者!!>アルト


■次のステップ
最初はアイランド1が生活の基盤になるでしょう。
大気や周辺地域の安全が確認されたら、アイランド1は透明シェルも開くでしょう。また、陸との間の道路や鉄道(フロンティア・メトロ)も整備され、周辺の陸地の開発が進んでいくと思います。とにかく農業の早期開始が重要課題。
放棄したアイランド3にあったゼントラーディ・モールも復元され、ゼントラーディたちが巨人のまま暮らせる街ができると楽しいでしょうね。
こんな風にして、星じゅうに街が広がっていくでしょう。


■マクロス・ギャラクシーは…
どうなるかなー。
まずは地球統合政府から、監査チームが乗り込んで来るでしょう。グレイス・オコナーやギャラクシー上層部の企みを明らかにするために。そして、あまりにひどい状態だったら船団ごと地球への強制帰還が求められるかも。そうでなければ、統合政府の監視のもと、新しい政府か管理組織を樹立の上、新天地を求める旅を続けさせてもらえるかも知れません。
…とか甘いことを考えていたら、雑誌に載った河森さんのインタビューによれば、グレイスたちの思念体はギャラクシーで健在で、ギャラクシーを制圧するにはまだまだ時間がかかるだろう、とのこと。劇場版ではこのあたりまで描かれるでしょうか。

■フロンティアの新大統領は…
私はキャサリン・グラスがいいなあと。キャシーにはその能力はあるでしょうし、父ハワード・グラス大統領の遺志を継ぐということで資格は十分。ただ、彼女のことなので、正式な大統領は固辞して、最初の選挙が行なわれるまでの暫定大統領ぐらいなら引き受けるかも知れません。
きっとオズマ・リーがなんやかんやとバックアップすることでしょう。もうお兄(義兄)ちゃんは妹の面倒を見るだけの人生から卒業できたはずです。


早乙女アルト、シェリル・ノーム、ランカ・リーのトライアングラーの行方は…
これが最も想像できない(笑)。
アルトは最初のうちは、空を飛ぶことに夢中になりすぎて、2人のことは忘れてしまうかも(笑)。で、歌姫2人はコンサートやらツアーで忙しいから、はじめのうちはすれ違いばかり。そのうちシェリルかランカが抜け駆けしてアルトに接近して…、なんてね。
あるいは、先に書いたとおり、地方巡業する歌姫たちとアルトの間で丁々発止の恋のバトル、とか。

恋の行方は、劇場版ではっきりとした決着がつくのかも知れません。
それを楽しみにしながら、あまり深く想像しないことにしておきます。

レオン・三島
 まぁ、グレイスたちに踊らされていた点はあるけれど、ちゃんと罰を受けてもらいたいものです。犠牲者出しすぎでしたし。

ルカ・アンジェローニ
 是非、L.A.I社でフォールド断層を越えられる新型フォールドブースターを商品化し、銀河の距離を縮めて欲しいものです。松浦ナナセとの仲は…、私は一進一退と想像します(笑)。ナナセはまだランカちゃんのほうが大事みたいだし。
松浦ナナセは実は、アルトのことが好きなんだと思います。いつもアルトを意識しているから(河森総監督も、それを匂わせる発言をしているし)。でも、ランカのアルトへの好意を知っているから、身を引いてしまうでしょうね。しかも恋のライバルにシェリルがいるから、かなわないでしょう(笑)。でも、このあたり、劇場版で何か動きがあるのではないかと思っています。

ジェフリー・ワイルダー艦長とモニカ・ラング
 平和な世の中になりそうなのですから、是非結婚して幸せになって欲しい。

ブレラ・スターン
 どうするだろうなぁ。新統合軍は似合いそうにないから、SMSに入るんじゃないかなー、VF-27持ち込みで。27はある程度ルカの会社が分析していたみたいですから、メンテは可能そう。で、少し離れた位置から、実妹ランカを見守る。アルトが悪さしそうだったら「おまえはランカにふさわしくない」と言ってサイボーグの体を張ってぶん殴る(笑)。サイボーグとしてのメンテナンスが必要になったら、時々マクロス・ギャラクシーに帰るかも。

クラン・クラン
 ミシェルへの想いを胸に抱きながら、宇宙哨戒の仕事をするのではないかと。彼女を「お姉さま」と呼ぶネネ・ローラと一緒に。クァドラン・レアは大気圏ではなく宇宙のほうが似合いそうだから。

・SMSオーナー・リチャード・ビルラー
 ミンメイに会いたいという願いは叶いませんでしたが、これからも巨大運輸会社とSMSのオーナーとして、男の夢・メイドさんと鉄道模型に囲まれ(笑)悠々自適の生活を送ることでしょう。

ま、私の想像の範囲はこんなもんです(笑)。
また、何か書き足すかも知れません。

マクロスF総括:快投乱打な解説(笑)さんのリンクからいらした皆さま、ありがとうございます。私のは快投乱打さんほど深い考察でなくてすみません(笑)。

|

« マクロスFの後番組「黒執事」と板野一郎参加の「ラインバレル」 | トップページ | VF-25プラモにスペシャルデカール(模型ホビーショーで) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスFのその後を想像してみました(TV版):

» マクロスF総括:快投乱打な解説(笑) [快投乱打な雑記帳]
 今回の最終話は、誰もが録画しているとは限らないTVシリーズで、歌とストーリーと映像の洪水の中から答えを見つけてなけらばならないという実に無茶で過酷内容だったと言っていいだろう(爆)... [続きを読む]

受信: 2008.10.06 14:26

« マクロスFの後番組「黒執事」と板野一郎参加の「ラインバレル」 | トップページ | VF-25プラモにスペシャルデカール(模型ホビーショーで) »