« 誕生日なのに夕食は吉野家 | トップページ | マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) »

2008.07.25

マクロスF(フロンティア)第1話ヤックデカルチャーエディションはここが違う(DVD)

やっと発売されました、ディスク版「マクロスF(フロンティア)」第1巻。(金がないのでBlu-ray再生装置が買えず、したがってDVD版で我慢します。いつか金持ちになったらブルーレイ版も追加で買ってやる(笑)。
なお、下記の内容が、ブルーレイ版と違っていたらごめんなさい。)


ヨドバシカメラ新宿西口本店で買ったら、下敷きのようなプレートをもらえました(数量限定だそうで。VF-25Fバージョンもありました)。
Macrossfdvd1←クリックで拡大
右上が特典のプレート「ALL THAT VF」版。左中は「娘々五十周年記念五十枚シール その一」。50枚という枚数もすごいですが、50枚の柄が全部違います(笑)。16Pのブックレット付き。


ディスクの本編は第1話「クロース・エンカウンター Yack Deculture edition」(32分)。2007年12月放送のスペシャル版「デカルチャーエディション」(以下DE、27分)に、2008年4月本放送のTV版(24分)の新カットを加え、更に少し追加されている感じです。その違いを中心に書いてみます。
ヤックデカルチャーとは、ゼントラーディ語で「とても信じられない」といった意味です。
以下、ネタばれがあるので、初見感を大事にする方は読まないほうがいいかも知れません。


・最初の映像は一面の銀河。誰か男性の声で「ヤック・デカルチャー」。(きっとナレーションの大川透さんの声)

・美星学園屋上でEXギアを背負った早乙女アルトたちの映像はスペシャル版通り。アイランド1の中を飛ぶアルトが展望台に近づきすぎて警告を受け「空が低い」と言った(DE)後にアイランド1の外観が映って、追加されたオープニングテーマ曲「トライアングラー」へ(DE,TV版とも違っていました)。
・オープニング後は、ミハエル・ブランの、バックステージのナンパシーン(TV)へと続く。

・あぁ、惜しいなぁ。空母からのVF-171の発進シーンは、基本がTV版で、BGMはDEのようなシェリルの「射手座☆午後九時Don't be late」ではありませんでした。でも、こうでないとシェリルをお姫様だっこしてアルトが飛ぶシーンにつながりにくいともいえます。BGMはクラシック調ですがTV版ともちと違う。
・あれれ、ランカの中継映像が流れるシーンの誤植「FRONTIRE MUSIC CHANEL」が直ってませんでした(ホントはFRONTIER MUSIC CHANNEL)。第14話で再びこのシーンが使われたときは直ってたのですが。ディスクに焼きこまれちゃいましたねー。

・エンディングテーマ曲はTV版と同じ「ダイアモンド クレバス」。背景の映像は先行版のデカルチャーエディションのような、動画が止め絵になってパステル調に変化する映像で、少しコマが増えていたようでした。


追加のカットは少ないのですが、スペシャル版(DE)、TV版を自分の頭の中で合成しなくていいのは楽ですね(笑)。この1作が、河森総監督の見せたかった、TVには収まらない第一話。

オーディオコメンタリーもついてまして、中村悠一(アルト役)×中島愛(ランカ役)×河森正治(総監督)の各氏。映像の進行具合とはあんまり関係なく(笑)、第1話が3バージョン存在することになった理由とか、スペシャル版(DE)のねらいとか、中島さんや中村さんのオーディション裏話とか、オープニング曲「トライアングラー」はそもそもデカルチャーエディション放送時にはなかったとか、誕生の経緯とか、今後、ランカは歌だけでなく○○○も取り入れるかも知れない(ナイショ)、とか、ラストシーンはガウォークで決めたかったとか、マクロスFを更に楽しめるような内容でした。
中島愛さんが宇宙戦闘シーンを見ながら「こんなアニメ見たことないですよ。きれいで速くて」と言っていたのが印象的でした。私もそう思う。

私が書いた、
第1話「クロース・エンカウンター」(Deculture Edition)の感想
第1話「クロース・エンカウンター」(TV版)の感想

Allthatvf
特典映像としてネット見られるのは、「ALL THAT VF Variable Fighter MACROSS 25th ANNIVERSARY AIR SHOW -Version F-」。マクロス25周年を記念したエアーショウという設定のCGです。2分7秒と短いのですが、びっくりするくらいかっこよくてきれい。YF-19や21といったなつかしのVFや、ケーニッヒモンスターなども登場。リアルのエアーショウでは絶対見られないガウォーク形態やバトロイド形態にも変形して、(短いですが)さすがと思わせるようなシーンを見せてくれます。最後には、驚きの塗装のVF-25が。模型欲しい。

マクロスFファンにとって、お買い得の1枚だと思います。

DVDマクロスF(フロンティア) 1 7/25発売。Blu-rayはこちら ブルーレイは地デジよりも更にきれいなんだそうです。すごい。

|

« 誕生日なのに夕食は吉野家 | トップページ | マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスF(フロンティア)第1話ヤックデカルチャーエディションはここが違う(DVD):

« 誕生日なのに夕食は吉野家 | トップページ | マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) »