« マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) | トップページ | 残業132時間!過労の目安を超えてる »

2008.07.26

マクロスフロンティア第16話、ランカの歌はバジュラに効く、そして「フォールドクォーツ」

マクロスF#16「ランカ・アタック」。ランカの歌はバジュラに効果あり。でもそれを確認した黒グレイスはどうしたいのか。ランカの歌の力を目の当たりにしたシェリルはどう思うのか。そして「フォールドクォーツ」とは。


・SMSオーナー、リチャード・ビルラーの夢。「断層で隔てられた銀河を1つにしたいんだよ。」 宇宙を走り回る蒸気機関車が象徴的。「可能なんだよ。われらプロトカルチャーの子供たちにもたらされた福音、バジュラのおかげでね」これまでさんざんフロンティアを苦しめてきたバジュラが福音とまで言われますか。

・ランカ・リーの持っているケータイ君はディスクを食うのか(笑)。回転体というのがちょっと古めかなぁ。miniSDカードみたいなスマートな形じゃないのですね。
・街の大型ディスプレイには、「Ranka Lee First Live!! REVENGE」の文字が。

・やっぱり、ボディーガードという名目でブレラ・スターンが早乙女アルトたちの前に立ちはだかる。腕っ節も操縦技術もアルトはかなわない。「おまえはあの娘にふさわしくない。」
・ブレラはいつもランカの歌を聞いていた。微弱なフォールド波によって聞けていたのでしょう。「突き放す宇宙ではなく、包む宇宙を感じさせる」、「銀河の渦がそのまま形になった」ような歌。どうしてブレラが「アイモ」を知っていたのかは極秘事項、というよりは、ブレラ自身の記憶にもないのでは。そして、個人的なことを話すのをグレイスに止められているとか。


・シェリル・ノームはやっぱり、アルトに会いたくて病院を抜け出し、思い出の場所である宇宙展望台に来たんでしょうね。で、アルトがSMSに連れてきて、そのままマクロスクォーターが出航してしまう。
・アルトの寝台で目覚めたシェリルは、アルトに何かされたのかと思ってアルトを殴る。しまいには蹴りまで出たよ(笑)。CM明けのアルトは、なぜあんなにおどおどしてたんでしょ。やっぱり何かしたのかいな。
・シェリルのイアリングがフォールドクォーツではないかと気づき、シェリルの耳に顔を寄せるアルト、キスされるのではないかと勘違いして緊張するシェリル(笑)。
・「女を連れ込むときはドアにハンカチを挟んでおく約束だろ」byミハエル・ブラン。ふーん、何度もそうやってたんでしょうなぁ、ミシェルは。

・ケーニッヒモンスターで準備をするランカのそばにオズマが。ランカがオズマにヘルメットの振動を通して何か話しましたね。ふた言ぐらいでしたが。ランカが「私あのこと内緒にしてるよ」と言っていた件と関係があるのでしょうか。
・ケーニッヒモンスターから無人で宇宙を飛ぶVF-25Sメサイアに移乗するオズマ・リー。メサイアはある程度のオートパイロットが可能なんでしょうね。
・ネスト番号α1215の割れ目でうごめくバジュラが気持ち悪い。ホントに。虫みたい。人工的な船のほかに、ただの小惑星でもバジュラは増えるんですね。
・VF-27・アンタレス小隊は3機編隊を組んでましたねぇ。ブレラのほかにもパイロットがいるようで。7話でも他に2機出てきましたよね。
・これまでの狙撃でミシェルのスナイパーライフルが反動でぶれたことはなかったのですが、今回はちょいとゆれてましたね。

(公式サイトのストーリーリスト 第16話)ランカの歌う「アイモO.C.」を聞いたバジュラの動きが不規則に。歌の効果が確認される。O.C.ってやっぱりオペレーションカニバル(共食い)? あの平和を祈るような優しい歌アイモがここまでひどく変わるとは。
・ケーニッヒモンスターのそばでバジュラの血が飛び散り、動揺するランカ。「感情指数が(低下した)。やはりまだまだ調教が必要ね」by怖い声のグレイス・オコナー。ランカを「調教」ってどういうことよ。無理やりランカを使おうとしている感じ。
・ケーニッヒモンスターの左横には、ビキニ姿のランカの絵が描かれている?

・「どけ、スカル4」と言ってアルト機の翼をぶち折るブレラ。一応その弾はバジュラを狙撃したものでしたが、やりすぎの感が(アルト機はもう少し後方から撃たれる感じの構図が良かったなぁ。アルト機もランカの乗機の方向へ行こうとしていたわけだし)。ブレラはおそらくランカの兄。本人たちは兄妹関係を意識していないでしょうが、妹の彼氏(未満)であるアルトを、兄のブレラが拒否している構図(笑)。「お前はランカにふさわしくない」と言って。

・伝説のミンメイもバサラ様も古いのか(笑)。
・「いまやあなたは私たちの希望の星、超時空シンデレラ、魅惑のDIVA、ランカちゃんなのよ」byボビー・マルゴ。ここまでの様子を見たシェリルは、自分の歌がバジュラに効かなかったのでグレイスに捨てられた、と感じているでしょうか。これからどうする? 
・結果としてバジュラには勝てたものの、第7話の胸のすくような気持ちのいい戦いではなかったですね。


・オープニング曲は「トライアングラー」のまま変わりませんでしたね。ストーリー上の何かのタイミングを図っているのでしょうか。一方、エンディングは「ノーザンクロス」に。実写映像が使われるとは思いませんでした。やはりMay'nさんなのでしょうね。特にMay'nさんの後ろをVF-25が飛び去るところがちょっとかっこいいかな。このかっこいいアップテンポの曲は、シェリルはまだまだ健在、ということを示しているのでしょう。


・今週のSMSの物損
 VF-25Fメサイア アルト機の右翼先端が焼失。VF-27 アンタレス1 ブレラ・スターン少佐によるバジュラ攻撃の射線上にあったため。


・「フォールドクォーツか。」アルトの独り言。それが、あの輝石の名前か。つまり、フォールドクォーツによって、フォールド断層は乗り越えられるし、フォールド通信が簡単に実現できるということでしょう。確かに、フォールド技術を持っているものの断層を乗り越える技術をもてなかったプロトカルチャーにとっては、50万年の夢と言えるかも。で、そのクォーツがバジュラの体内から取れるのでしょう。
バジュラは単体でフォールドするし、互いの位置をフォールド通信で確認し合う性質を持っているそうなので。(14話でキノコ野郎・三島が言っていた) また、バジュラクイーンの腹の部分にもそれらしい石が見えました。

・グレイスは、フォールドクォーツの大量採取をもくろみ、バジュラに効く歌を探して銀河を旅していたのでしょうか。
・フォールドクォーツをヒトの体内に埋め込めば、好きなところへフォールドできる人間の出来上がり! しかもフォールド断層関係なし。また、フォールド通信を使えば銀河中とリアルタイムな通信ができそう。移動も通信もバジュラのようにできる。サイボーグやインプラントの技術はマクロスフロンティア以外では珍しくないそうなので、フロンティア以外の人類は体内に埋め込めてとても幸せ。フロンティアのアイランド3でカバ牛いっぱい飼ってたように、バジュラファームでも作りますか。ランカの歌をいつも聞かせて、おとなしくさせた状態で

・で、フロンティアの人間はサイボーグとインプラントの技術を持たず自分たちの人体に埋め込むことができないので、ドレイのように働かされたりして。フォールドして逃げることもできないし。それはいやだなぁ。フロンティア人は自由を勝ち取る戦いをしたくなるだろうなぁ。オペレーションカニバルの作戦対象としてフロンティアが選ばれた理由の一つに、「最近では珍しく、インプラントとサイボーグが禁じられていたこと」が挙げられているのでいやな予感が。
・グラス大統領はランカアタックの効果に大喜びですが、素直に喜んでいるだけだと後でグレイス+レオン・三島に足をすくわれそうな。ギャラクシーの持つVF-27の威力やサイボーグ力に圧倒されて、フロンティアはただのバジュラファームにされちゃうかもよ。

でもでも、黒グレイスだからもっと悪どいことを考えていそう。
まだ疑問形ばかりですが、やっと方向性が見えてきたのかなぁ。

上の想像とは矛盾するけれど、ランカの体内にはフォールドクォーツが埋め込まれているのかなぁ。バジュラを研究していた母親ランシェ・メイの手によって。

シェリルはフォールドクォーツのイヤリングをしているけれど、それだけではバジュラに歌が効かなかったということでしょう。シェリルには是非、ヒトのための歌を熱唱し続けて欲しい。


今週のTBSカウントダウンTVでは、「星間飛行」は24位、
ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late」は92位でした。

・次回17話。公式サイトのストーリーリストより。

ガリア4事件で延期になっていたランカのファーストライブ。
オズマはランカに、ライブを絶対に見に行くと約束していた。
しかし、ライブ直前にバジュラが襲来し、オズマは出撃することになってしまう。
オズマはランカの天空門ファーストライブに間に合うのか!・・

「ランカを守る。それが、若き日のオズマが己に課した、ただひとつの誓いだった。次回『グッバイ・シスター』、宿命の歌、銀河に響け。」 「グッバイ」ってどういうことでしょうか。初代マクロス(TV版、映画版とも)で殉職したロイ・フォッカーを思い出させますが。
7月下旬頃の放送分(ちょっとずれたけど)で、オズマに何かが起きる、と、ラジオマクロスFで言われていましたし。
ミシェルに何かからかわれて真っ赤になって怒っていたリトルクランが可愛いのが一服の清涼剤でしょうか(笑)。

|

« マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) | トップページ | 残業132時間!過労の目安を超えてる »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスフロンティア第16話、ランカの歌はバジュラに効く、そして「フォールドクォーツ」:

« マクロスクロニクル創刊!(08/7/24) | トップページ | 残業132時間!過労の目安を超えてる »