« DX超合金 マクロスF VF-25メサイア予約受付開始!(08/12/27発売) | トップページ | 某所でゴンドラ乗車中 »

2008.07.05

マクロスフロンティア第13話、黒幕グレイスの企みが暴走、惑星1つ食いちぎる

マクロスF#13「メモリー・オブ・グローバル」。マクロス級4番艦「グローバル」はランカ・リーの乗艦だった。彼女の思い出が、そして物語の背景が、少しずつ露わになってくる。そして、グレイス・オコナーの巨大な企みが暴走を始める。バジュラの大群がマクロスFへ飛び立つ。


・Dパルスバーストに襲われて木の葉のように落下する早乙女アルトのVF-25Fメサイア。同乗するランカはいつもいつも命の危険にさらされてますなぁ。
・シェリルの飲んでいた薬には「639 WITCH CRAFT」と書かれていた。これを見たミハエル・ブランは、何かに気づいた。おそらくマネージャー・グレイスの企み、または、少なくとも味方ではないということを。639といえば、初代マクロスに登場した巨人女性スーパーパイロット ミリアは、映画「愛・おぼえていますか」ではミリア639という名前でしたなぁ。

・上半身裸のアルトとランカがいい感じで話しているときに現れたのは、明らかに子バジュラ。もしかしてランカを偵察していたのかも。それでさらわれた?(公式サイトのストーリーリスト 第13話)
女の子がもじもじしたらフツーはトイレでしょ。鈍感なんだなぁ、アルト君は。

・ルカ・アンジェローニがLAI社技術開発部特別顧問だったとは。キノコ三島と話す声はかなり大人びてましたよ。ルカが、新型フォールド機関をSMSに貸したことで、LAIと政府の関係も脅かしているとは。

・「ガッコで習って、あたしだって操縦できるんだからね」byシェリル。おおこわ。今回の歌姫の1人はパイロットにもなりましたよ。
・ナナセといっしょにグリフィスパークの丘でランカを思う(ような感じの)小動物「あい君」には、手が生えていたような。今まで隠れていた? それとも成長しているのかなぁ。

・ガリア4に墜落していたマクロス級4番艦「グローバル」が、壊滅した第117調査船団の旗艦だったとは。そしてランカの乗艦だったとは! しかも、ランカの母がバジュラを研究していた模様。ブレラ・スターンと名乗る青年(VF-27を操縦)は、おそらくランカの兄。ランカが、シェリルの思いや、バジュラクイーンの痛みに感応しておなかが光るのは、バジュラの何かを母に埋め込まれたため? ブレラが、ランカの「微弱なフォールド波」をキャッチしたと言っていたから、ランカは体内に埋め込まれた何かからフォールド波を出しているらしい。
「アイモ」が地球の歌ではないと語るのは、おそらくランカの母、ランシェ・メイ。なんだか、ランカ+シェリル+ミンメイ(初代マクロスのヒロイン)の名前を足したような。現在の主題歌が声優もこなす坂本真綾さんによるものですから、いつか大事な役で登場すると思ってましたよ。「アイモ~鳥のひと」の作詞に真綾さんが参加しているのも何か意味深。ホログラフィー写真立てには、母、ランカ、そしてブレラと思われる兄、3人の姿が浮かんでいました。父親はいなかったですね…。

・「司令順位を変更。ランカ・リーの確保を第2位に」by とうとう化けの皮を脱ぎ捨てた黒グレイス。当初の作戦目的とは、やはりバジュラの母艦たちをマクロスFに向かわせることなのでしょう。だから、ブレラがバジュラクイーンに襲われるランカを助けたのは、グレイスの指示ではなく、おそらく個人的な感情によるものと思われます。
でも、まだグレイスの企みの全貌が分からない。なぜバジュラの大群をマクロスFに向かわせるのか。そもそもグレイスとは何者か。graceには神の恩恵という意味もあるが、なんと皮肉な名前。

・別の推測。2007年のランカ・リー役のオーディションの段階では、「一途で前向きな少女がシンガーとして成長し、その歌の力で異星と地球の間で起こる争いを沈めていく物語」と言われていました。だから、現在の戦いは、実は異星人との戦い? グレイスは異星の意思を持つ者? バジュラはその道具? 母ランシェによれば、「アイモ」は地球の歌ではないというが、もしかして敵対している異星の歌かも知れない。
・更に過激な想像。母ランシェもランカもブレラも、異星人、または異星人との混血だとしたら?

・もう一つの推測。ランカの身体が光るのは、家族との感応があった場合だとしたら。第7話で、歌を戦場に届けたいというシェリルの思いに感応してランカのおなかが光りました。もしかしてシェリルとランカが姉妹では? そして、バジュラクイーンが腹部を撃たれたとき、ランカも光る腹部を押さえてうずくまりました。もしかして、バジュラクイーンは、母ランシェがバジュラにとりつかれて姿を変えたもの? ランカを襲おうとして近づいたのではなく、再会を喜んでそうしたとか? 気絶していたランカが、「おかあさん…」とつぶやきながら目覚めたのが気になって。
ちと大胆すぎる仮説ですが。いずれ正しい理由が分かるでしょう。

・バジュラの増え方とは。戦艦にとりついて「ネスト」として使い、船のエネルギーなど(おそらく物質も)を取り込みバジュラ母艦を構成しながら、バジュラクイーンは卵を産み付けて個体を増やしていく。第9話でも宇宙空間に漂う戦艦がバジュラのネストと化していました。この時はブレラが邪魔をして先に破壊したため、マクロスF側はサンプルとして回収できなかったわけですが。とりついた艦がマクロス級ならば、第7話に出てきた以上の、あんなにでかい母艦が構成できちゃうということでしょう。
とすれば、もし失踪中のマクロスギャラクシーという移民船団自体がネストと化したら、いったいどれだけ大きな母艦が作られてしまうのか。恐ろしい。
船団の乗員たちもネストの材料(あるいは卵の材料)として使われているとしたら、ちょっとげんなりです。

・アルト「頼む、ランカを助けてやってくれー」、少し考えてシェリル「分かったわ、あたしたちが何とかする」。恋敵であり、ガリア4でのゲリラライブでいいとことられたランカを助けようというシェリル。かっこよすぎます。ミシェルが「いい女だねー、惚れちゃいそう」というのも分かります。
・シェリルがいくら操縦を習ったからと言って、ミシェル機で「I have」(私が操縦する)は怖すぎます(笑)。

・ディメンションイーターがLAI社製のように思えたのだが、あんなにおそろしいものをルカの会社がなぜ作るのか。ブレラに対して「以後も私の指示に従え」ということは、ディメンションイーターに吸い込まれたグレイスはただのコピーで、本体は別のところにいるのでしょう。「銀河の歌姫と先遣隊の壊滅、憎しみが燃え上がる。フォールド通信波は彼らのしるべ。健闘を祈るわね、フロンティアの皆さん」とは、なんと恐ろしいせりふ。
・グレイスの腕の変形っぷりは、映画「AKIRA」のぐにゅぐにゅねじれるケーブルを思い出させます。

・第33先遣隊は全滅した模様。ランカの歌を嬉しそうに聞いていたあの人たちが全滅しちゃうとは。
・せっかくランカがゲリラライブして、あんなに素敵な「星間飛行」を聞かせてくれた星なのに。そしてゼントラーディ同士の戦いも収めることができたのに。2人で夕焼けの中の飛行を楽しむことができたのに。アルトとランカが水辺で小さな思い出を作ることができた惑星なのに。
フォールド断層であるディメンション・イーターに滅ぼされるとは。2人はかなりむなしいでしょうね。


・アイキャッチが、ランカの歌う「SMS小隊の歌 ~あの娘はエイリアン~」とは! シリアスな展開の中で一服の清涼剤。でも、ちと下品な歌なんだよなー(笑)。その直後の歌詞を可愛いランカちゃんには歌わせたくありません。「でっかいミサイルぶち込んで~」
・でもね。「いとしいあの娘はエイリアン」のところで、ランカのアップが写ったのがちと気になる。やっぱ、エイリアン?


・次回「マザーズ・ララバイ」とは、鍵を握る歌「アイモ」のことか。
第7話でやっつけたよりももっとでかいバジュラの母艦と対峙するマクロスクォーター。どうやって戦うのか。
アルトは果たしてランカと再会できるのか。おそらくガリア4の軌道上で待機させた新型フォールドパックを使ってマクロスFに戻るのでしょうが。
アルト機にはアーマード装備がついてましたよ。赤い塗装だったからオズマ譲りではなさそうですが。(オズマが、初代マクロスのスカルリーダー ロイ・フォッカーのように、話の途中で死んでしまうのではないかと心配しているのですが。ラジオマクロスによれば、7月下旬放送分でオズマに何かが起きるらしい。)
アルトは再び友人を取り戻すために母艦にもぐり込むのか。それともミシェルたちが助け出せるのか。黒グレイスの企みとは? まだ謎ときが始まらず、謎が謎呼ぶ展開。1週間が待ちきれない。

|

« DX超合金 マクロスF VF-25メサイア予約受付開始!(08/12/27発売) | トップページ | 某所でゴンドラ乗車中 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスフロンティア第13話、黒幕グレイスの企みが暴走、惑星1つ食いちぎる:

» マクロスF [アニメ大好き!]
こちらの商品は ガシャポン ガチャポン ガチャガチャ等の カプセル TOY フィギュア 商品です 誕生日 プレゼント 等にもお勧めアニメ フィギア 専門 通信 販売 店 です◆8月予約マクロスフロンティアマクロスFスイング全5種HGガシャポン フィギュア ガチャポン フィギア ガチャガチャ 人形 カプセル トイズ ガチャ TOYS ガシャ 玩具 アニメ キャラクター おもちゃ ホビー 通販 販売 ショップ 専門 店 番号 SHOP HOBBY m1toyseht26:-002...... [続きを読む]

受信: 2008.07.07 01:34

» マクロスF「#13 メモリー・オブ・グローバル」風雲急を告げる! [快投乱打な雑記帳]
タイトルが「トワイライト・プラネット」から「メモリー・オブ・グローバル」に変更になった時点ですごーく嫌な予感が...というのも第1シリーズ「超時空要塞マクロス」の第14話が「グローバル・レポート」。製作スケジュールが逼迫して紙芝居だの何だのと紆余曲折の挙句の総集編回。あっちは実質全25話だったので14話は折り返し。「マクロスF」は全25話なので13話が折り返し。 まさかの総集編!?一週間、胸がドキドキ^^; ところが期待を裏切る(違)ストーリー展開! Aパートはまったりのラブコメだったのに...... [続きを読む]

受信: 2008.07.07 14:49

« DX超合金 マクロスF VF-25メサイア予約受付開始!(08/12/27発売) | トップページ | 某所でゴンドラ乗車中 »