« マクロスF(フロンティア)第1話ヤックデカルチャーエディションはここが違う(DVD) | トップページ | マクロスフロンティア第16話、ランカの歌はバジュラに効く、そして「フォールドクォーツ」 »

2008.07.26

マクロスクロニクル創刊!(08/7/24)

マクロスの分冊百科(パートワーク)「マクロスクロニクル」が創刊されました。隔週刊です。
表紙は、リン・ミンメイ、ミレーヌ・ジーナス、ランカ・リーの歌姫そろい踏み(Amazon)(公式ページ)えっと、この時間のAmazonの雑誌部門で2位なんですけど。すごいですねー。

中身は切り取れるようになっていて、メカ、キャラ、テクノロジー、ヒストリーなどの分野に分かれています。取り上げられる作品は、初代TV版から最新作マクロスFまでの11作品。これらがランダムに組み合わされて、毎号が構成されるようです。(1冊まるごとで1つの作品というわけではないです。) 例えば1号は、

Mechanic Sheet:VF-1Jバルキリー、VF-19改エクスカリバー
Character Sheet:リン・ミンメイ、マッシュ(マクロスIIに登場)
Song Sheet:ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late

といった具合です。
ま、長く買わせようという戦略なんでしょうねー。

中のイラストはきれいですし、文章も作品を分かって書いている感じだと思いました。

1号は590円、2号以降は690円。全32Pと薄めだからちと割高感ありなんですけど、でも、そろえないと完成しないのなら、買うしかないですかねー。
小学館に定期購読を頼むことができます。10号ごとの支払いになるとのこと。
何号まで続けるかははっきりとは書いてありません。(うわさでは50号までとのこと。仮に50号まで全部そろえると34,400円ですかぁ。ううむ。ただ、10号単位で定期購読ということは、途中打ち切りもあるのかも知れません。)


1号から10号まで買って応募券を集めるか、小学館での定期購読をすると、ポストカードがプレゼントされるそうです。応募券は裏表紙の角にあって切り取るようになっているので、切り取りたくない方は小学館から購読したほうがよいと思います。(ただし、小学館は11号送付時に同梱ですので、次の10巻も買わないともらえない模様(笑)。)
11号以降も特典が用意される予定とのこと。

紙上限定通販も企画されていて、
・やまと 1/48 VF-1A マックス機(TV版)
・やまと 1/48 VF-1Sストライクバルキリー 一条輝機(ウェザリング仕様)
が載っています。応募券が1号についていて、応募はがきが2号に付くようなので、両方買わないとだめなのかも。限定250個で、抽選になることもあるそうです。(価格はまだ書いてありません(笑)。)

さっき流れたCMでは、迫力あるすばらしいバルキリーのイラストを描く、メカニカルアート担当の天神秀貴さん自らがナレーションしてましたよ(笑)。もともとナレーションのお仕事もされていた、多芸な方なのだそうです。
「宇宙で一番、バルキリーを描いている方」なんだそうで(笑)。納得。(CM30秒バージョン)

ま、クロニクルの値段は気になりますが、私はしばらく買い続けたいと思っています。

参考:インタビュー:アニメ監督・河森正治さん 「マクロスFは七色」 分冊百科も24日創刊

|

« マクロスF(フロンティア)第1話ヤックデカルチャーエディションはここが違う(DVD) | トップページ | マクロスフロンティア第16話、ランカの歌はバジュラに効く、そして「フォールドクォーツ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスクロニクル創刊!(08/7/24):

« マクロスF(フロンティア)第1話ヤックデカルチャーエディションはここが違う(DVD) | トップページ | マクロスフロンティア第16話、ランカの歌はバジュラに効く、そして「フォールドクォーツ」 »