« やまとにトマホークも登場!(超時空要塞マクロス) | トップページ | 「超時空シンデレラ」がkizasi.jp1位に! »

2008.06.28

マクロスフロンティア第12話、誕生日は超時空シンデレラと大空デート

マクロスF#12「ファステスト・デリバリー」。アルトの誕生日に、超時空シンデレラ、ランカ・リーが高速便で到着。早乙女アルトに歌と命のプレゼント。そして2人は大空デートへ。

・いきなりゼントラーディ語と字幕から始まるとは! 映画版「愛・おぼえていますか」の始まり方とそっくりですねー。初めてあれを見たときは、びっくりしたし、わくわく感がいっそう高まりました。今回は随所になつかしのゼントラ語が。
ミーゾーン = 歌
ウテマ! = 待て!
ザルツ、ホルトガドラ! = 我々、これから武器(つまり、「みんな、撃て!」ということか)
ゴルグガドラ = 巨大な武器(あるいは偉大な武器、つまり反応弾のことか)
とか。(君ならわかる、ゼントラーディ語講座)
ヤック・デカルチャーは字幕もそのままなのが笑える。見てる人にとってはもうお約束という考えなのでしょう。
・大気圏に入る直前のVF-25Fから外れたスーパーパック+フォールドブースターが1個に合体してましたよ。衛星軌道で自動的に待機するのでしょう。映画スター・ウォーズEPISODE2でも、ジェダイ・スターファイターがリング型のハイパードライブ装置を衛星軌道においていく描写がありました。
・アルト機は、大空を気持ちよさそうに飛んでました。アルトにとって生まれて初めての、本物の空。(公式サイトのストーリーリスト、第12話)
・第33海兵部隊隊長 オゴタイ少佐は、やはり初代マクロス(特にTV版)のブリタイ・クリダニク司令にそっくりです。同じ遺伝子のクローンなのでしょう。そして副長はエキセドル・フォルモ似、反乱の首謀者テムジンも「味方殺しのカムジン」ことカムジン・クラヴシェラ似。初代作品へのオマージュでもあるし、クローンということがよく分かる設定でもあります。テムジンは七色にんじんをかじってました。
・早乙女アルト准尉のVF-25Fはファイターではなくガウォーク形態で着陸。おそらく、緊急時にすぐ飛び立てるようにという考えなのでしょう。

・ナナセが作ったせっかくのかわいいお弁当と、ルカが食べてたサンドイッチが地面に落下。もったいない。ナナセ弁当は、ランカ、アルト、そしてちっちゃいけどシェリルの顔も入ってましたよ。会いたい人たちをキャラ弁にしたのでしょう。「あれ、もう終わり」ってミハエル何個弁当食ってんだよ(笑)。
・マクロスFには生態系保護法違反ってのがあるんですね。野生生物を勝手にペットにしちゃいけないということでしょう。でも、「あい君」はなつかれても大丈夫な、安全な生物なのでしょうか。

・シェリル・ノーム倒れる。シェリルはフォールド酔いしやすい体質でもあるようですし(第1話デカルチャーエディションにて)。マネージャーのグレイス・オコナーが体調を悪化させる薬を盛ってる可能性もあるし。で、ゼントランの反乱は悪化。男性兵士もクァドランを使うのですね。
・ガリア4とのフォールド通信のタイムラグは中継ポッドが設置されていても127分、フォールド断層のせいで今すぐ駆けつけても7日後。(SMSのディスプレイにミススペル発見。TORTAL 7Daysって書いてあるみたい。)
・暴動を起こすことは、慰問を要求してきたときからの計画的なもの。やはり謎の「G」(グレイス?)の計画通りなのでしょう。「妙に手際が良すぎる。まるで…」bySMS艦長ジェフリー・ワイルダー大佐。「内部で手引きしているものがいるのでは…」とか「政府を操っているものがいるのでは…」と言いたかったのではないでしょうか。
・アルトを助けたいランカ。そして、LAI社の「おぼっちゃん」として、ルカはフォールド断層の影響を受けない新型フォールド機関を提供。グレイスから提供されたVF-27を調査分析した成果でしょうか。
・ルカのPCの壁紙はシェリル柄でしたね。(「Serch」って表示が出てたけど、こっちはSearchの省略形かな。前回早乙女矢三郎の来歴を検索していたときは、[Search Information]って表示されていましたが。)

・アルトが監禁場所から抜け出したことは、グレイスからの通信でテムジンにだだ漏れ。グレイスは、反乱を成功させ、船を奪取させ、すごいお宝を探させることが目的だったのでしょう。で、アルトを護るためにとうとう本格的な戦闘が開始されてしまう。
・「オケアノス、ホルトガドラ!」 オゴタイ少佐が、人質を犠牲にする艦砲射撃を指示した瞬間、
 ランカ・リー登場! 「みんな、抱きしめて! 銀河の果てまで!」。「星間飛行」って曲が、今回の内容にぴったりですねー。(ホルト(これから)ガドラ(武器)で「撃て」という意味なのでしょう。オケアノスの正式艦名は「新統合軍ゼントラーディ艦ケアドウル級分離突撃降下艦 オケアノス」。アニメージュオリジナルVol.1より。)
・オゴタイ:「誰だ、あの娘」「ご存じないのですか。彼女こそ、代役からチャンスをつかみスターの座を駆け上がっている、超時空シンデレラ、ランカちゃんです」副長、無駄によく知ってらっしゃる(笑)。しかし、「ちゃん」付けとは(笑)。
・搭乗機はVF-25Gスピーカーユニット搭載型! マクロス7のバサラ機やサウンドフォースを思い出させます。シンデレラがコックピットの後部座席や、ガウォークの前で歌うシーンはちょっと感動的。巨大戦艦の「NUNS」(新統合軍)マークがランカのステージ。VF-25Gスピーカーユニット搭載型の模型が出たらぜひ買いたい! キラッ☆のポーズしたランカのミニフィギュアが付いたら完璧。更に宇宙空間用スーパーユニットと新型フォールドブースターもつけて欲しい。ランカの前をゆっくりと通過するアルト機もなかなか。ランカがアルトの無事を知り喜ぶ瞬間。
・振り付けも素敵ですねー。振り付けはPaniCrewの佐々木洋平さん。ランカ・リー役の中島愛さんも、コンサートできっと同じ振り付けで歌ってくれるのでしょう。2番の最初のとこなんか、動画に気合入ってますねー。マクロスでも屈指の歌シーン! 初代マクロスTV版では、踊りはアニメで表現しにくいという理由でダンスシーンをあきらめたケースもあったそうですが、時代が変われば変わるものですね。
・「ばかな、こんなところに。デビューライブ、絶対行けないと思ってたのに」by一兵士。ここで見られてよかったなー(笑)。
・ランカの2回目の「キラっ☆」でガンポッドをとり落とす兵士たち。タイミングぴったり。鼻血出したり、目がハートになったり。クァドランがリズムとってたり。
・ランカを狙うテムジン機に体当たりするアルト機。奴が放ったミサイルを全弾ガンポッドで迎え撃ってますよ。かっこいい。ただ、そのスキに後ろをとられてしまう。ドッグファイトでは一般に後ろのほうが有利ですし。
・「戦いこそが俺たちゼントラーディの命、俺たちの血なんだ。おれたちはそう造られた者だ。そう生きていかずにはいられないんだよ!」テムジンの言葉に、自分に流れる役者の血を重ね、それに抗おうとするアルト。 
・テムジン機に追われるアルト機。だが、ガウォークに変形→前方に向かって逆噴射・急ブレーキ→テムジン機の真下に回りこむ という作戦でガンポッド発射、最後はピンポイントバリアーナイフで撃退。
・「覚えておけ、宇宙は2種類の生き物が生きられるほど、広くは…」という言葉が暗示的。でも、その宿命をアルトたちには変えて欲しい。

・「だって、伝えたかったんだもん、ハッピーバースデー、アルト君!」byランカ。女の子に言われてみたいせりふ。
・「このまま、どこまでも飛んでいきたい気分」byランカ。空が広くてきれいだから、じゃなくて、アルトといっしょだからですよねー。

・2人が大空のデートを楽しんでる最中にアルト機がコントロールを失って不時着。木の葉のように墜ちるメサイア、ガウォークにも変形できず機体は荒地を滑走。せっかく戦いを収めたのにこんなことが起きるとは。ランカはファーストライブに間に合うのか?
・そして、おお、初代マクロスにそっくりな「第1世代型マクロス艦」が。強行型に変形した姿もそっくりだし、腕の部分に別の艦が取り付けるという考え方も同じ(でも、両腕はプロメテウス・ダイダロスでも、アームド1・2でもない)。ブリッジの形もちと違う?
・とうとう、今までのマクロスで全く触れられなかった「監察軍」の謎が分かるのか。
 銀河中心方面で消息を絶ったメガロード01(一条輝、一条未沙(早瀬未沙)、リン・ミンメイなど、初代マクロスの主人公たちを乗せて旅立った)とはかなりスタイルが違いますが。
 あるいは、私たちの知らない、別のマクロスタイプが地球を発進していた? 初代マクロスのブルーノ・J・グローバル氏が再び艦長になって?
・で、マクロスの映像に重なるように、今回のエンディング「愛・おぼえていますか」が流れる。初代映画版の名曲。エンディングの飛行シーンは気持ちよさそうに飛ぶVF-25。可変戦闘機が活躍するアニメだけあって、ストーリーの内容によってエンディングも可変させますねー。

・今回は、おととい発売のCD「星間飛行」収録の4曲中、「星間飛行」「ねこ日記」「愛・おぼえていますか」の3曲も登場するという大盤振る舞いでした。発売日をストーリーにばっちり合わせるあたり、さすがマクロス。

・アルトにガリア4行きを勧めたのはシェリルだったのに、今回はいいとこなしでした。歌は歌えないし、シェリルがプレゼントしようとしていた大空の飛行をアルトとランカの2人が楽しんでしまうし。でも、たまにはランカに華を持たせるのもよいかと。病床のシーツをにぎりしめるシェリルが可愛そう。でも、これでめげるシェリルではないと信じたい。
・結局ランカが到着して反乱は治まったわけですが、これはグレイスのシナリオから外れているのでしょう。この惑星で戦いを起こして、鳥の人(AFOS)みたいな奴を目覚めさせることが目的だったとか? グレイスがつぶやいた「すごいわね、あの子」という言葉に、少し恨みみたいなものがこもっていたような気がします。
 でも、ランカの歌声に感応して、結局奴は目覚めてしまったような。
・ガリア4に眠っているとんでもないお宝とは、やはりあの鳥の人(AFOS)に似てる奴のこと? テムジンが「船とお宝を手に入れて」と言ってたし。マクロス類似艦は、アルト機のように鳥の人の妨害によってこの星に墜ちてしまった?

・次回「メモリー・オブ・グローバル」予告。
レオン三島とルカがなにやら少し敵対的に話をしてるし(キノコ髪型対決か。ルカが新フォールド機関を提供してもくろみを打ち砕いたので、レオンはルカのことが気に入らないだろうし)、
アルト機が例のVF-27と空戦してるし、機体ごとエアブレーキかけて27の後ろを取りガウォークに変形するところは超かっこいいし、どっちが勝つか分からないし、
上半身裸のアルトと、目をうるうるさせてるランカがいるし、
色違いのバジュラみたいなやつが暴れてるし、
第1世代型マクロス艦が宇宙に飛び立っているし…。(両腕部にはプロメテウス・ダイダロスやアームド1,2でもない何かが) 拾って使うのかなぁ。
「グローバル」は、全地球的(全惑星的)という意味? それとも、初代マクロスに登場したグローバル艦長の? あるいは、初代TV版で製作が間に合わなくて急遽挿入された中締め総集編「グローバル・レポート」の再来? 放送後、6月30日までは公式サイトの第13話のタイトルは「トワイライト・プラネット」になってたから、13twilight_planet
急遽「メモリー・オブ・グローバル」が追加されてしまった? やはり緊急総集編「グローバル・レポート」的?
赤色巨星ガリア1に常に同じ面を向けているため、惑星ガリア4は昼半球と夜半球の温度差が激しい。そのため、穏やかな緩衝地帯である夕暮れエリアにゼントラーディの基地が作られていました。アルトとランカが印象的なランデブー飛行をしたのもこのエリア。
旧タイトル「トワイライト・プラネット」は夕暮れ地帯が特徴のガリア4を指すようにも思えますし、「滅び行く惑星」って意味にもとれますが。アルトが「星の運命」を目撃するとか言ってるし。

何がなんだか全く分かりません。25話中13話と折り返し地点なのに、この上さらに謎を膨らませるのか。期待も膨らむけど。
「突如現れた第1世代型マクロス艦。その雄姿が再び目覚めるとき、アルトは星の運命を目撃する。激動の歌、銀河に響け!」

|

« やまとにトマホークも登場!(超時空要塞マクロス) | トップページ | 「超時空シンデレラ」がkizasi.jp1位に! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスフロンティア第12話、誕生日は超時空シンデレラと大空デート:

» (アニメ感想) マクロスFRONTIER 第12話 「ファステスト・デリバリー」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) 惑星ガリア4へ公演のため降り立ったシェリルとアルト。だが、シェリルの体調不良により、公演は中止となってしまう。公演中止に不満を抱くゼントラーディ人による暴動が起こり、アルトたちは、人質として捕らわれてしまう。一....... [続きを読む]

受信: 2008.06.28 15:14

» マクロスF「#12 ファステスト・デリバリー」超時空シンデレラ誕生 [快投乱打な雑記帳]
 アルト姫はランカが誕生プレゼントを渡すことさえ出来ない宇宙の遥か彼方へ銀河の妖精が連れ去ってしまいましたー。 [続きを読む]

受信: 2008.06.28 17:35

« やまとにトマホークも登場!(超時空要塞マクロス) | トップページ | 「超時空シンデレラ」がkizasi.jp1位に! »