« 千歳で夕食 海鮮丼とそば | トップページ | マクロスFのポスターゲット!(シェリル、番宣) »

2008.05.06

マクロスフロンティア第5話・戦闘シーンがなくてもやっぱりマクロス

MACROSS FRONTIER第5話は結局戦闘シーンがありませんでしたが、でも、青春の出会いの楽しさとか、三角関係の微妙さとか、歌の素敵さが出ていて、マクロスらしい話でした。早乙女アルトとシェリル・ノームの1日デートの回だったですね。

(公式サイトのストーリー解説)
・オープニング前のランカ・リーは、見事な投擲姿勢で兄に向かっていろんなもの投げてますね。ミンメイ人形とか包丁とか飛んでるし。

・「あたしと一緒じゃいや?」byシェリル。映画版愛・おぼえていますか で、リン・ミンメイが一条輝に言った言葉。
・チョウチョを捕まえようとしているシェリルのしぐさが何気に可愛い。
・「付き合ってるんでしょ?」「断じて違う」「でも彼女はいるんでしょ?」「いない」 さりげなくアルトに彼女がいるかどうか確かめるシェリル。
・アイランド1市街でのデートはとても楽しそう。街もきれいでにぎやかですね。(後日、サンフランシスコに行く機会があり、マクロスFに出てきた風景をたくさん見つけました→マクロスFロケ地めぐり・サンフランシスコ編)
・広告看板のシェリルの顔の上に「Shelley」という文字が出ていましたが、化粧品のブランド名でしょうか。
・時々空で光っていたのはチューブ列車だったんですね。すっかり寝込んでるサラリーマンも乗っているということは、観光用だけはなく、普段使いの鉄道のようです。
・「あなた、すごくムカつくけど、1つだけ気にっているところがあるわ。私をシェリル扱いしないところ」 銀河の歌姫にこんなこと言われてみたいっすねー。いわゆるツンデレ。
・ゼントラーディ人がそのままの大きさで移民船に乗り込んでいるとは。ゼントラーディ人はみんな温厚な顔つきになってるんですね。やさしそうなおばあちゃんとかいるし。
・エルモ・クリダニクって、ブリタイ・クリダニク司令の子孫?
・ゼントラーディモール「フォルモ」とは、初代マクロスやマクロス7のエキセドル・フォルモ記録参謀の名前を冠したのでしょうか。巨人と人類が共存しているモールの様子は、センス・オブ・ワンダーにあふれてますね。
・「宇宙兄弟船」♪デカルチャーだよ人生は~。やられた(笑)。そこにマネージャーだかディレクターだかがいるってのが伏線。
・ランカといるところをクラン・クランに見つかりそうになって視線をそらすミシェル。
・「何で人は歌ったり、飛ぼうとしたり、果ては宇宙にまで出てこようとしてるのかってね。」「そうせずにはいられなかったからに決まってるじゃない。」byシェリル ゼントラーディ人用の女性下着に歌を書き付けるシェリル(笑)も、そうせずにはいられなかったんですね。
・ランカがアルトの飛ばした紙飛行機に勇気をもらうってのも、いいシーンですね。
・「What ‘bout my star?」はシェリル版もランカ版もいいですねー。シェリル版は、曲のスタートと同時に、街中にシェリルの映像があふれるシーンに切り替わるし。ランカ版は「What ‘bout my star?@フォルモ」というそうで。早くCD欲しい。
・ゼントラーディ人に初めて会ったり、ゼントラのモールでワンダーランド体験したり(アルトと1日過ごせたりして、)シェリルはとっても楽しかったそうです。公式ブログもはしゃいでいます(笑)

・マクロスフロンティアはバイオプラント船。対してシェリルの故郷マクロスギャラクシーは密閉式のケミカルプラント船。マクロスFのスタイルが当たり前なのかと思ってました。ケミカル船ってどんな船内エネルギー循環してるんでしょうね。

・バジュラはやっぱりランカの歌声に反応してますな。「外殻はバルキリーと同種のエネルギー転換装甲、単体でフォールド可能であり、ミサイル様の物体を、固体内で漸次生産し続ける。脳と呼ばれる部分がほぼ存在しないといっていい。自ら思考する必要がないほど下等な生物か、何者かによって操られていると推定される。生物兵器と考えるのが妥当。」 ミサイルまで体内で生産できるってのが恐ろしい。
・「これで心おきなくギャラクシーに戻れるわ」。そのギャラクシーがバジュラの大群に襲われるとは。
・ミスター・ビルラーって、SMSを個人所有する大富豪らしいです。
・マクロスギャラクシー所属 ウィラン大尉の搭乗機(VF-4似?)には、マクロスプラスで見たようなフォールドブースターが載ってました。懐かしい。

・シェリルがアルトにキスするシーンを見て、次回ランカはどうする?
・来週は、いよいよマクロス25が起動? ギャラクシーまで助けに行く?

|

« 千歳で夕食 海鮮丼とそば | トップページ | マクロスFのポスターゲット!(シェリル、番宣) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスフロンティア第5話・戦闘シーンがなくてもやっぱりマクロス:

« 千歳で夕食 海鮮丼とそば | トップページ | マクロスFのポスターゲット!(シェリル、番宣) »