« マクロスフロンティア第3話感想-自分の運命は自分でつかみとる | トップページ | 六義園(文京区)のつつじが見ごろ(08年GW) »

2008.04.26

マクロスフロンティア第4話感想-歌と戦闘のシンクロはマクロスの伝統!

マクロスF第4話「ミス・マクロス」。今回の見せ場は、なんといっても、ランカ・リーが歌う「私の彼はパイロット」にのせて戦う早乙女アルトの戦闘シーン、そしてバジュラを撃破するシーンでしょう!

・人類と、巨人族ゼントランの架け橋となったのは「一人の歌姫の歌だったという」。ここでリン・ミンメイの映像が出るか、と思ったのですが…。
・アルトが高い難度設定のシミュレータでミハエルにいじめられてますが、そのときにかかっているコミカルな曲は楽しいですねー。さすが菅野よう子さん作編曲。「SMS小隊の歌~あの娘はエイリアン」だそうで。EXギアはやっぱりむちゃくちゃ重いんですね。
・「ミスマクロスフロンティア 本日開催 会場11:00~ 開演12:00~ スペシャルゲスト:シェリル・ノーム他」時々日本語に間違いがあるのがちょっとだけ残念。そういえば、1話ではTV中継時のスペルが「FRONTIRE CHANEL」になってたりして。
・RVF-25のスカル3は電子戦装備、
 VF-25Gのスカル2はロングレンジパック、
 VF-25Fのスカル4はスーパーパックでテイクオフ。
 そして今日登場しなかったVF-25S スカル1は標準がアーマードパックでしょうか。
 可変模型のバリエーションが多くて、私の財布にも打撃が与えられそうです(笑)。Macrossf_mecha

(公式ページのメカニック)
・アルトの初出撃のシーンは、初代TV版のオープニングを思い起こさせます。アルトがヘルメットを上げるところとか。「スカル4、グッドラック」に対して「サンキュー」と少し緊張感ある声で答えるのも、映画版「愛・おぼえていますか」の一条輝を思い出させます。
・クァドラン・レア1機を撃墜した後のポージングはさすが歌舞伎の子。藤娘なんですね。
・「私の彼はパイロット」はもう、皆さん御存知の伝説の曲になってるんですね。「50年前」の曲ですからねー。新アレンジがいい感じ。VF-25とクァドランがちゃんと2つのハートを描いています。作曲者の羽田健太郎さん(昨年逝去)も天国で見守っているでしょうか。
・でもって、バジュラ突然現れる。(もしかして、またもやランカの歌声に引き寄せられた?) 模擬弾しか積んでいないアルトは、ガンポッドを捨ててバジュラに突撃したもののバトロイドの右足をつかまれ、ピンポイントバリアーナイフを振るうけれどバジュラの体には届かず、そのまま振り回されて右足がちぎれ。ゼントラーディの7000年前の武器を拾って再び突撃、弱点と思われる脳天を直撃。バジュラは大爆発。背筋がぞくっとするくらい迫力ありました。マクロスFの戦闘シーンは1/4スロー再生くらいが合ってるようで。まだ性能評価試験中だしペットネームさえ決まってないのに、再びスカル4がぼろぼろですよ。(アルトはギリアムの機体を受け継いだそうなので。ちなみにペットネームは5/10発表予定とか。) ゼントラーディの古戦場だったという伏線が効いてますね。
・Entry No.7 Ranka Lee, Height 156cm, Weight 42Kg, Blood Type O, Birth Date 04.29.2043。(←ウチのHDDレコーダの画質がよくないので、正しく読み取れてないかも。もうすぐ誕生日?) 11年前、バジュラに壊滅させられ千人が亡くなった第117次大規模調査船団の生き残り…。
・レオン三島が、ランカのことで審査委員長に何か言っているのが気になります…。「この子は○○なので、優勝させないでください」とでも言っているのでしょうか。理由は何だろう。キャサリン・グラスも何かおかしいと思っているようで。
・「SMS運輸様 貸切!」(笑)。SMSは表向きは運送会社になっているそうで。マイクローン版クラン・クランもおもしろい。必死の攻撃もミシェルの指1本で押さえつけられて。店内では娘々のCMも流れてましたし。マグロのかぶと煮も出てましたよ。←TV版初代マクロスの懐かしい料理。
・いろんなところでコミカルさが出ているし、キャラクターにバリエーションがあって、楽しくなってきましたね。
・ミシェルvsクラン、ルカvsナナセ、そしてアルトvsランカorシェリル、ですか。

・で、最後は銀河の歌姫シェリル・ノームが「☆ハーイ!」。やっぱ、いい男は役得ですなぁ。


シーンの展開がいいですよね。歌と戦闘の重なり具合とか、オズマがアルトにバジュラのことを説明するシーンとか、入隊試験と、ミス・マクロスFの結果発表を重ねるところとか、娘々で一瞬、ランカがミス・マクロスFで優勝したかと思わせるところとか。
物語はとても濃密で見どころいっぱいですが、この調子で25話まで持つのかどうか心配です(笑)。スタッフの皆さん、がんばってくださいね。

来週の予告の中に戦闘シーンがなかったから、30分まるごと青春恋愛ドラマでしょうか(笑)。
アルト、ランカ、シェリルは自分の気持ちに気づき、いよいよ三角関係がはっきりしてくるのでしょうか。
3人が遭遇する思わぬ場所とは。
シェリルとアルトが抱き合ってるみたいだし。
ランカはミシェルとソフトクリーム食べてるし。
兄弟ゲンカ(?)でランカがオズマにモノを投げつけてますが、ミンメイ人形も出てますよ(笑)。包丁も飛んでるけど。

|

« マクロスフロンティア第3話感想-自分の運命は自分でつかみとる | トップページ | 六義園(文京区)のつつじが見ごろ(08年GW) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロスフロンティア第4話感想-歌と戦闘のシンクロはマクロスの伝統!:

» (アニメ感想) マクロス FRONTIER 第4話 「ミス・マクロス」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) S.M.Sでミハエルらにしごかれる毎日を送るアルト。一方、ランカはミス・マクロスのオーディションの予選を通過し、いよいよ最終選考で歌をうたうことに。選考会場に駆けつけたアルトだが、ランカがステージに上がる直前、オズマ...... [続きを読む]

受信: 2008.04.27 00:13

« マクロスフロンティア第3話感想-自分の運命は自分でつかみとる | トップページ | 六義園(文京区)のつつじが見ごろ(08年GW) »