« ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第1夜感想、よかったぁ | トップページ | トークショー「桜前線の追いかけ方」をやります(3/15(土)18時、お台場にて) »

2008.01.06

ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第2夜感想、のだめのがんばりに拍手

のだめカンタービレスペシャルドラマの第2夜が終わりましたね。
一言で言うと、昨日は千秋編、今日はのだめ編かな。
テーマは「音楽の壁を越える」ことと「男女の壁を越える」ことでしょうか。
作者の二ノ宮知子さんも、今日の放送を見て泣いちゃったそうですよ。(二ノ宮さんの公式BBS)

とてもツボ
孫ルイ+千秋のラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番はなかなかの迫力でした。千秋の指揮ものびのびしていたような。時間が短くてちょっと残念。
・やはり演奏シーンですね。のだめの初リサイタルでの、モーツァルトのきらきら星変奏曲やピアノソナタ第18番。教会の雰囲気とあいまって、かなり良かったですね。ラヴェルの組曲『鏡』(第4曲「道化師の朝の歌」)も、昨夜とはかなり違いました。観客の拍手を受けるのだめの表情がまたいい。
・「芸術は人の目や耳に触れて、また育っていくものだから」(Byシャルル・オクレール)という言葉はいいですね。
・最後のブラームス1番は、ライジングスター版とはまた違った趣向での演奏でしたね。(最初のテンポがやや早めだったり、オーケストラの響きがより重厚だったり。)


良かったところ
・アナリーゼのセイン・カミュの配役に驚き(笑)。そして「千秋先輩がいっぱい」。
・ゼウス(ミルヒ)とプロメテウス(千秋)の絵はよくできていた。エリーゼいわく「ジャンのかたき」。私怨が入ってますって。
・クラブOneMoreKissにパリ支店があるとは。
・ミルヒの「にんじんきらーい」「かずのこきらーい」「永岡真実のポスター貼って」「マーメイドジュースごくごくしたい」。ジュースに生の鯛のしっぽが刺さってますが。
・のだめの部屋が散らかるのはコタツを輸入したせいじゃないでしょう(笑)。
・ひじきにも笑うけど「赤い恋人(お酒のつまみにピリッとおいしい博多めんたいこんにゃく)」もおかしい。ほんとにありましたよ→ピリッと美味しい「赤い恋人」Akiやまこんにゃく
_食べてみました。めんたいこの辛さが効いてるおいしいこんにゃくでしたよ。
・孫Ruiは山田優さんと知っていたけど、スパルタママが片桐はいりとは。絶妙の配役。原作と違って千秋の代役デビューを東京にしたところはなかなか面白い。
・パリ・コンセルバトワールでもじゃもじゃ組曲が聴けるとは。のだめが壁を越えるきっかけになってよかった。言葉も満足に通じない、知識も足りないといった逆境から、よく立ち直りました。
・またJAL機が自己主張してるし。ミルヒー「お豆キライ」で豆が再び千秋のワインの中へポチャ。
・のだめキックが炸裂したのは原作と違ってポンヌフではないようです。撮影許可が出なかったのでしょうか。上野樹里さんと玉木宏さんの代わりにスタントさんも使ったらしいですよ。「ジュードーニッポン」。
・のだめの脳内アテレコ「ついでにその教会で結婚式でもすっか」(空想の中の千秋の発言)。
・城主がダニエル・カールさんで、ジローラモさんまで出てくるとは。
・城の入り口でのターニャベッキーの「意味わかんなーい」が勝手な女って感じがよく出てました。
・いやあ、のだめのモーツァルトコスプレはすごく似合っていて、かっこよかったですね。
ドビュッシーの「月の光」がBGMで使われたのはうれしい。一番好きなクラシックなので。
・くろきんとターニャの恋は、今回はほのかなもので終わりましたねー。
・そして千秋とのだめの初キス。お城の中庭の池のほとりで、原作よりもロマンティックでした。
・結局ライジングスターオーケストラの松田さんの顔は写らなかったですねぇ(笑)。
「変態の森」版人生ゲームはよくできていた。変態の森へようこそ>千秋くん


ちょっと…と思ったところ
・やっぱCM多かったなぁ。
・後半はギャグが少なくてさびしかったかなぁ。
・なんとかサエコさんにも出てほしかった。今は身重でしょうけど。

面白さとか盛り上がりという点では、昨日のほうが大きかったけれど、音楽の道を進むには、あるいは、人生という道を進むには、それだけでは足りませんよ、みんな頑張りましょう、というメッセージが込められていたような気がします。

使用楽曲一覧は、有志の方が次のページにまとめてくださっています。(06年のドラマに続き、ありがとうございます。)
ドラマ「のだめカンタービレinヨーロッパ」使用曲リスト

ロケ地として使用されたフランスのお城は、日本の東海調理製菓専門学校フランス校『シャトー・ド・ヴィニー』と『ヴィニー教会』なのだそうです。
東海調理製菓専門学校フランス校シャトー・ド・ヴィニー公式Blogに、ロケの様子が少し書かれています。撮影には4日間もかかったそうです。
学生さんが、俳優さんやスタッフの食事も提供されたとのこと。一部の学生さんたちはのだめスタッフたちに食べていただくことを直前まで知らされておらず、玉木宏さん登場のときは素敵なサプライズだったそうですよ。
ウエンツさんやベッキーさんの裏話もあります。


ちなみに、第2夜の視聴率は21.0%と良かったそうです。(第1夜は18.9%。)

なんだか、続きがありそうなところでドラマは終わりましたよねぇ。
毎年の正月に、年に1回だけでいいから、ドラマでのだめに会いたいなぁ。
是非検討してください>フジテレビさん

2008年1月8日(火)(23:00)から、毎週火曜日にBSフジで、06年のドラマ「のだめカンタービレ」が再放送されるそうです。
また、1月9日(水)(10:00)から、毎週水曜日にも再放送されるとのことです。地上波で見逃した方にはチャンスかも知れません。(BSフジ 番組表)

のだめカンタービレinヨーロッパのDVDが08年5月8日に発売されます。ロケ地マップDVDも08年4月11日に発売とのこと。

|

« ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第1夜感想、よかったぁ | トップページ | トークショー「桜前線の追いかけ方」をやります(3/15(土)18時、お台場にて) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第2夜感想、のだめのがんばりに拍手:

» のだめカンタービレinヨーロッパ☆第二夜 [せるふぉん☆こだわりの日記]
ジャンの復讐(!?)に燃えるエリーゼによって、ついに「砂漠のプロメテウス作戦」 [続きを読む]

受信: 2008.01.06 23:38

» のだめカンタービレinヨーロッパ☆第二夜 [せるふぉん☆こだわりの日記]
ジャンの復讐(!?)に燃えるエリーゼによって、ついに「砂漠のプロメテウス作戦」 [続きを読む]

受信: 2008.01.08 02:51

« ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第1夜感想、よかったぁ | トップページ | トークショー「桜前線の追いかけ方」をやります(3/15(土)18時、お台場にて) »