« 上野樹里新春インタビュー「のだめカンタービレ新春スペシャル IN ヨーロッパ」 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第2夜感想、のだめのがんばりに拍手 »

2008.01.05

ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第1夜感想、よかったぁ

先ほど放送が終わった「のだめカンタービレ新春スペシャル IN ヨーロッパ」。実に良かったっす。
約1年ぶりののだめドラマですもんねー。待った甲斐がありました。
日本から遠く離れたヨーロッパを舞台にして、これだけ原作イメージ通りのドラマを作ったスタッフの皆さんに拍手!!
コミック原作者の二ノ宮知子さんも、ご自身のBBSでブラボーって絶賛してますよ。

最高に感動したところ
・2次予選での、ドボルザーク 交響曲第9番「新世界から」を用いたオケの演奏の間違い探し。私は2箇所しか分からなかったけど、おそらくまじめに作りこむ「ドラマのだめ」ですから、ホントにいっぱい間違を仕込んだ楽譜で演奏してるんでしょうね。すごいわ。それを次々に見つけていく千秋、ジャンがかっこいいし、2人が競っている様子が、盛り上がっていく演奏と映像の激しい切り替わりで表現されていてすごくいい。ジャン役の俳優さんもうまいですねー。(ジリ・ヴァンソンさんとおっしゃるそうで。でも白目がちょっと足りないかも(笑)。)
・ジャンの白バラ散らす演奏、そして千秋の黒羽飛ばす演奏。
Mr.片平のジャンピング指揮。滞空時間まで計算されたジャンプ。よく練習しましたねーアリキリ石井さん。あんな指揮者がホントにいたら楽しいだろうなぁ。
・そして、なんといっても最後に千秋がふる「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(立ち直り版)、「チャイコフスキーのバイオリン協奏曲ニ長調」。のだめ同様私も泣けましたよ、マジで。

良かったところ
・飛行機で子犬のように震える千秋に、のだめが「よーしよしよし」。
焼き栗、マカロン、ジェラート、クロワッサン、ガトーショコラ。「食い物ばっかりじゃねーかよ」と千秋に投げられるのだめ人形の投げられっぷりが見事。
・千秋「何か弾けよ」のだめ「おなら体操?」のだめの髪の毛の中からおなら体操君が姿現してましたよ。
・日本語の字幕がなくなる瞬間(笑)。
・ベッキーとウエンツ瑛士、フランク役とターニャ役にぴったりですよ。
・変なフランス語会話本によるのだめの「助けて!」「警察を呼んで!」「乱暴されました」「お金を返して」「最低の男ね」、ギャルソンがトレイ落としてガシャン。千秋におびえるギャルソンの表情が実にうまい。
・プリごろ太フランス語版を見つけたときののだめの表情が最高。フランス語版の吹き替え、よくできてましたよねー。のだめ、通電してましたね。のだめが次第にフランス語を覚えていく様子がよく分かりました。(でも、このフランス語では足りないんですよねー、明日は。)
・06年のドラマ版のだめに続いてターニャもドアにはさまってたし。
・ターニャの元彼って見事なおっさんやんか(笑)。
・SNCF(フランス国鉄)のおたく列車はすごかった。鬼太郎、猫娘、(コスプレ会場にはねずみ男も)、綾波レイ、アムロ・レイ?、セイラ・マス?、シャア・アズナブル、そして、ごろ太の着ぐるみ、プリごろ太のパリ版と日本語版のTシャツ、あとはもう分からん。
・のだめ「千秋先輩だってね、ミルヒー・ホルスタインの弟子ですよ」、ユーコ「誰それ。牛?」
・のだめにおいてけぼりにされる温水先生最高。着ぐるみごろ太に慰められてるし。
・コンクールのオーケストラのコンサートマスターとホルン奏者、演技がすごくうまい。役者さんなんでしょうか。そして審査委員長も名演技。
・シュトレーゼマンの弟子である千秋ではなく、イケメンのジャンを応援するエリーゼ。
・フランクをはさんでかめはめ波(?)を打ち合うのだめとユーコ。
・千秋の周りに「負」の文字がどんよりと乱舞。
・「チャイコフスキーのバイオリン協奏曲ニ長調」「千秋、交換しようか?」「結構だ」。倒れるジャン
・のだめのブラのサイズ(70D)を意識しちゃう千秋。のだめはいつもひもパン(笑)?
・のだめや千秋に負けず劣らず、並木ユーコ役の山口紗弥加も白目うまいわ(笑)。
・結局ビエラ先生に会えない千秋。
・エンドタイトルで、「変態の森」の入り口をうろうろする千秋。明日はとうとう森へ足を踏み入れるのか。

ちょっと…、と思ったところ
CMが多いところ。でも、ヨーロッパロケばりばりしたら、あのくらいスポンサーつけないとだめかも知れませんねー。JAL機もかなり自己主張してましたし。
・今日の昼間に「のだめ直前スペシャル」番組があったとは。しまった、知らなかった。気づかなかった自分がなさけない。けど、もうちょっと告知してくれても。

今回の使用曲一覧を、もうまとめてくださった人がいます。すばらしい。ありがとうございます。アップ時間は翌5日の午前3時47分とか。お疲れ様でした。
ドラマ「のだめカンタービレinヨーロッパ」使用曲リスト

06年のドラマでは、自分でDVDを編集して、演奏シーンだけのディスクを作ったのですが、これがなかなか感動ものでした。今回のドラマでも、それを作ってみたいと思っています。(ターニャのピアノとティルだめだめ版は入れないけど。)
#まぁ、いずれ出るであろう製品版のDVDも買うことになるとは思いますが(笑)。
#メイキングがあるなら絶対見たいし。

私の両親ものだめファンなので、知らないと可哀想と思ってドラマの始まりに実家に電話をかけたら、電話の向こうからものだめの声が。安心して話もそこそこに電話を切りました。

子供たちの間にもドラマのだめはとても好評だとか。のだめの影響で将来の音楽家がたくさん誕生するといいですね。

明日は「砂漠のプロメテウス作戦」やのだめの仏語カルチャーショック、ポンヌフ・キック、のだめ初リサイタル、初キス(?)、くろきんとターニャの恋(?)など、盛りだくさんのようですね。
明日もとても楽しみです。

#ちなみに、第1夜の視聴率は18.9%と良かったそうです。
#(第2夜は更に増えて21.0%。)

2008年1月8日(火)(23:00)から、毎週火曜日にBSフジで、06年のドラマ「のだめカンタービレ」が再放送されるそうです。
また、1月9日(水)(10:00)から、毎週水曜日にも再放送されるとのことです。地上波で見逃した方にはチャンスかも知れません。(BSフジ 番組表)

inヨーロッパのDVDが08年5月8日に発売されます。ロケ地マップDVDも08年4月11日に発売とのこと。

|

« 上野樹里新春インタビュー「のだめカンタービレ新春スペシャル IN ヨーロッパ」 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第2夜感想、のだめのがんばりに拍手 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第1夜感想、よかったぁ:

» のだめカンタービレinヨーロッパ 第1夜 [今日のヒメゴト -FINAL SEASON-]
待ってました!前作放送終了以来、待ちに待った続編です!年末に放送された再放送で復習もバッチリで挑みました。 やっぱりいいですねー。オールキャスト出演、のだめと千秋の息の合った掛け合いもバッチリ(息が合っているのはプライベートだけだった、太郎と鈴にも見習って欲... [続きを読む]

受信: 2008.01.05 10:50

« 上野樹里新春インタビュー「のだめカンタービレ新春スペシャル IN ヨーロッパ」 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレINヨーロッパ」第2夜感想、のだめのがんばりに拍手 »