« のだめ17巻は限定版なし、でも18巻は | トップページ | 一夜限り「カノッサの屈辱」復活(2/5深夜) »

2007.01.26

指揮者大野和士はすごい!(NHK「プロフェッショナル」)

今日放送されたNHK「プロフェッショナル 『がけっぷちの向こうに喝采(かっさい)がある』国際的指揮者 大野和士」を見ました。思っていた以上に感動しました。
指揮者 大野和士 最新情報(ファンサイト)

大野さんが、のだめカンタービレに出てきたシュトレーゼマンや千秋と同じことや似たことをおっしゃっていたのが印象的です。
・一番大切なのは、作品と本当に対話をしているかどうか。
・本番では一人一人を解放する(千秋が本番直前ののだめや峰に「今日は自由に弾いていいから」と言ったり、シュトレーゼマンが本番直前の千秋に「もう十分デス」と言ったりするところと似ていると思いました。)
と同時に、のだめを書く上で作者の二ノ宮さんが指揮をよく理解しておられるのだと思いました。

パリの「シャトレ座の奇跡」と呼ばれる出来事では、ストに入ったオーケストラなしでオペラを演じるために、型破りと言われる方法をとりました。また、難曲「歌劇トリスタンとイゾルデ」で、主役のイゾルデ役が気管支炎で歌えなくなったとき、最後の全体リハではこれまた型破りの方法を使いました。それらはよほど勉強していないとできないことだったと思います。すばらしい。
共通するのは、ご自身の努力やエネルギーが他の演者に伝わっていることですよね。
「リーダーには確信が必要。その確信に向かってみんなのエネルギーをまとめていくこと」というコメントは、音楽以外の分野の人たちの参考になると思います。
日本語も含めて5ヶ国語をあやつるのもすごい。やるべきことのためには言葉の壁なんて軽々と越えなくてはならないのですね。

再放送はあと2回1回ありますので、興味を持たれた方はどうぞ。
1/29(月)16:05-16:49(NHK総合テレビ)←国会中継のためなくなりました。
1/31(水)25:10-25:54(NHK総合テレビ)
(通常の再放送は3回ですが、この回はNHKの都合で1回になってます。)
NHKによるまとめサイト

|

« のだめ17巻は限定版なし、でも18巻は | トップページ | 一夜限り「カノッサの屈辱」復活(2/5深夜) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指揮者大野和士はすごい!(NHK「プロフェッショナル」):

« のだめ17巻は限定版なし、でも18巻は | トップページ | 一夜限り「カノッサの屈辱」復活(2/5深夜) »