« のだめのあの曲も無料でGET モーツァルトの楽譜が無料公開 | トップページ | 記事「2006年の放送界をふりかえる(編集委員時評)」JANJAN »

2006.12.17

麻婆煮込みニョッキはうまい!(のだめカンタービレの裏軒メニュー)

人気TVドラマ「のだめカンタービレ」に出てくる中華料理屋「裏軒」の新メニューとして、麻婆煮込みニョッキというのがありました。(実際の料理は映りませんでした。)

興味があったので、今日作ってみましたよ(笑)。
Mabo_gnocchi←クリックで拡大

中華とイタリアンの意外な組み合わせなんですけど、これが、かなりうまかった(笑)。
ほんのりじゃがいも味のニョッキがマーボーと違和感なく混じります。
母もおいしいと言ってましたよ。

ニョッキは古代ローマの時代から作られれてきた古いパスタ。ジャガイモとチーズと小麦粉で作るもので、イタリアではトマトなどのソースとからめていただくそうです。(Wikipedia ニョッキ)

まずはニョッキを作ります。
すでに先人が麻婆煮込みニョッキを作っていて(笑)(麻婆煮込みニョッキ(のだめ的料理研究所))、パルメザンチーズは入れないほうがいいとのことだったので、Wikipediaに沿って、じゃがいもと小麦粉だけにします。
ニョッキだけ食べると、じゃがいも味のすいとんという感じ(笑)。

○ニョッキを作る
・じゃがいも 中2個
・小麦粉 カップ1杯半

(1)じゃがいも2個を熱湯から20分ほどゆでます。串がすっと通ればゆで上がり。

(2)温度が下がったところで皮をむきます。(手でつるっとむけますよ。)

(3)スプーンの背でうらごしにします。(うらごし器を使おうとしたけどめんどくさくてやめた(笑)。でも、それなりにおいしくできました。)

(4)小麦粉1.5カップを混ぜ、少しだけ水を足してみみたぶくらいの固さにこねます。

(5)打ち粉をしたまな板の上で直径3cmの棒状に延ばして、1cm幅に切り、切った両面をフォークの背に当てて延ばします。(ぎざぎざをつけてソースがからみやすくします。)

(6)沸騰したお湯に入れ、浮かんできたらちょっとだけ待って鍋から出します。

○麻婆ソースを作ってニョッキを入れる
麻婆ソースは、「ためしてガッテン流(ガッテン流マーボー豆腐)」(笑)です。市販のソース(丸美屋など)は使ってないですが、市販品でもおいしくできるかも。
麻婆はすべての材料を手元にそろえておいて、一気に作るのがコツです。

・豚ひき肉 100g
・トウバンジャン(豆板醤) 大さじ1杯 ←うちは母のためにあまり辛くしないので、少なめにしてます
・テンメンジャン 大さじ1杯半
・鶏がらスープ 60cc
・お酒 大さじ1杯強
・しょうゆ 大さじ1杯半
・花サンショウ 小さじ1杯弱(またはサンショウ粉 小さじ半分)
・水溶き片栗粉 片栗粉大さじ2杯を水大さじ2杯で溶く
・ねぎのみじん切り 大さじ3杯

(7)中火で、大さじ1杯の油で豚ひき肉をいためる。肉から出てくる脂が透明になるまでよーくいためます。

(8)トウバンジャンと、テンメンジャンを入れて、混ぜながら20秒ほどいためます。

(9)鍋肌から鶏がらスープを回し入れ、お酒、しょうゆを入れて、ニョッキも入れて少し煮ます。

(10)花サンショウ、水溶き片栗粉、ねぎのみじん切りを入れて、強火で1分くらい煮てとろみを出します。


勇気のある方はどうぞお試しください(笑)。

|

« のだめのあの曲も無料でGET モーツァルトの楽譜が無料公開 | トップページ | 記事「2006年の放送界をふりかえる(編集委員時評)」JANJAN »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻婆煮込みニョッキはうまい!(のだめカンタービレの裏軒メニュー):

« のだめのあの曲も無料でGET モーツァルトの楽譜が無料公開 | トップページ | 記事「2006年の放送界をふりかえる(編集委員時評)」JANJAN »