« ニフティ 上場日に53時間メンテ失敗? | トップページ | 厳冬を旅する盲目の女芸人、瞽女(ごぜ)さんのドラマ放送(12/10NHKアーカイブス) »

2006.12.07

12/4のだめカンタービレの視聴率は19.2%、続くスマスマは22.9%

12/4放送ののだめカンタービレ第8話「新星オケ初陣! トラウマ克服に揺れる恋」の速報視聴率は、19.2%だったそうです。
続くSMAP×SMAPのビストロSMAPには、ドラマ「のだめ」主演の上野樹里さん、玉木宏さんが出演しましたが、こちらの速報視聴率は22.9%とのこと。(いずれも日テレ「ラジかるッ」より)
上野さんって、話し方やしぐさがのだめに似てますね、やっぱり。
玉木さんの食べっぷりのよさと、うまいもの食ったときの「浮遊感」がおもしろかった。役者で食えなくてレストランでバイトしてたとは、苦労されてきたんですね。
女性ファンの好感度がまた上がったようで(笑)。

今回ののだめでは、私の好きな曲がいくつも出てきてうれしかったです。
少しずつ音が大きくなっていくラヴェルの「ボレロ」が、R☆Sオケの演奏が始まる前の緊張感が高まっていく場面に合ってましたね。
また、千秋真一が催眠術にかかるところでは、のだめが突然の出来事にあわてる感じを、「バーバ・ヤーガの小屋(組曲「展覧会の絵」より、ムソルグスキー作曲)」がうまく表現してたようです。

今回の黒木くん(くろきん)、ホントに吹いているとしか思えないくらい演技がうまかったです。違和感なし。すごいですね。
千秋の指揮も迫力があったし。
また、オケのシーンの映像や構図にも妥協がなくて、さすが月9という感じ。演奏中にものすごくたくさんの構図が出てきますし、客席や舞台でクレーンカメラも使っているようですから、きっと撮影はとても時間がかかっていることと思います。
#例えば「題名のない音楽会」は、限られた数の固定カメラだけで
#撮影してますものね。
#ホントのコンサートだから、カメラが目立たないようにしなくては
#ならないでしょうし。

このドラマ、第1話はほとんど原作に忠実で、百万人ぐらいはいると思われる原作ファン(コミックは16巻で1,100万部超えなので)を十分納得させてたんですが、ここへ来てドラマ独自の展開が少しずつ入ってきて、原作を知っている人たちも「この先どうなるんだろう」とドキドキしながら次の放送に期待しているようです。(私もそうです。)
なんだか、ドラマ制作チームにうまくはめられたような気がします(笑)。

また、以前の月9(例えば「エンジン」「西遊記」)よりも、こだわりやノリがとてもいい感じ。
個人的に言えば、月9ドラマの金字塔だと思います。


今回の「のだめ」とSMAP×SMAPのオンエアを、原作者の二ノ宮知子さんが収録中のスタジオで、役者さんたちと一緒にご覧になったそうです。(二ノ宮さんのBlog
玉木さん、水川あさみさん、サエコさんがいらしたとのこと。

二ノ宮さんも書いてますが、自分の作品がドラマ化されて、そのオンエアを役者さんたちと一緒に見るのって、不思議な感じでしょうね。
ちなみに、あの汚いのだめ部屋のセットは、ずっと置いてあるんではなくて使う日に組み上げるそうです。
モノであふれるあの部屋を毎回作るのってとっても大変そう(笑)。

原作者がドラマの撮影現場を訪ねてくれるというのは、役者さんやスタッフのみなさんにとって何よりもエネルギーをもらえる出来事でしょうね。

ドラマがあと3回しかないのは残念ですが、楽しみにしていたいと思います。

|

« ニフティ 上場日に53時間メンテ失敗? | トップページ | 厳冬を旅する盲目の女芸人、瞽女(ごぜ)さんのドラマ放送(12/10NHKアーカイブス) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/4のだめカンタービレの視聴率は19.2%、続くスマスマは22.9%:

« ニフティ 上場日に53時間メンテ失敗? | トップページ | 厳冬を旅する盲目の女芸人、瞽女(ごぜ)さんのドラマ放送(12/10NHKアーカイブス) »