« 茨城県で一番多い犬は「コロ」、種類は雑種 | トップページ | 海外旅行の準備を100円ショップで »

2006.11.15

のだめオーケストラLIVE!(CD)が楽しい

今日発売のCD「のだめオーケストラLIVE!」、ドラマ「のだめカンタービレ」を楽しみに見ている人にとってはうれしいアルバムです。

「のだめオーケストラ」LIVE!(2枚組CD,amazon)

ベートーヴェン:交響曲第7番 / 第1楽章、
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 / 第1楽章
など、ドラマで壮大に演奏された曲が収録されています。

特に気に入ったのは、
1-4 ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー / ピアニカ ヴァージョン
 最初にコミック読んだときに音が聞こえてきそうで涙出たんですよ、ここ(笑)。
 編曲楽しいです。ピアニカ、むちゃくちゃしてます(笑)。のだめならやりそう。
 ホントは音楽の全編にわたってのだめの映像が付くと楽しいんですけどね。映像がない部分は脳内で補完します。

2-4. モーツァルト:オペラ「魔笛」より / 夜の女王のアリア
 千秋真一の元カノジョ、彩子が第1回で演じた曲。
 この曲は大変難しく、歌いこなせる歌手は世界でも十数人しかいないと聞いたことがあります。(違っていたらごめんなさい。)

これら以外にも、
「1-3. ベートーヴェン:交響曲第9番 / 第1楽章(ティンパニー GET OUT VERSION)」
「2-2. モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章 / 2小節で間違えるな!」
「2-5. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 作品24 「春」 / 第1楽章(峰・のだめヴァージョン~光る青春の喜びと稲妻)」
といった、ドラマ見てる人ならくすっと笑えるヴァージョンも収録。

ブックレットには、原作のコミックの該当部分が掲載されていて、イメージが湧きます。

ちなみに、これから放送されるドラマでの初見感をとても大事にするという人は、ブックレットを読み進まないほうがいいですし、今のところはドラマに出てきた曲だけ聴いたほうがいいと思います。(つまり、ドラマ内で見覚えのない曲は聴かないほうがいいです。)
曲の中には、これから登場するものがかなりあります。
ブックレットにはネタバレがあちこちに散らばっていますし、この先のドラマでの演奏シーンの映像が超感動的かも知れませんし。

私もiTunesに、「聞いてもいい曲」だけのプレイリストを作りましたよ(笑)。←このリストには、すでにドラマで放送された曲だけ入れてます。これからドラマが進むたびに曲が追加されていくことになります。

試聴はこちら(のだめオーケストラ公式サイト)
「モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章 / 2小節で間違えるな!」バージョンは、曲をフルで試聴できます。と言っても7秒しかないけど(笑)。(ちなみに購入は7秒でも210円。試聴は音質下げてるらしいですけど、私には分かりませーん。試聴はWindowsMediaPlayerだけあれば可。)
#このダウンロード販売にはsonyのbitmusic(atrac3形式)を使っていますが、
#再生の環境を選びます(例:Macはだめ、Winでも独自ソフトが必要、iPod不可)し、
#CDへの書き込みも不可といった感じで柔軟性がないので、
#ダウンロード販売のほうはあまりオススメできません…。

|

« 茨城県で一番多い犬は「コロ」、種類は雑種 | トップページ | 海外旅行の準備を100円ショップで »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめオーケストラLIVE!(CD)が楽しい:

« 茨城県で一番多い犬は「コロ」、種類は雑種 | トップページ | 海外旅行の準備を100円ショップで »