« 蒸気機関車C571の貴重な番組(NHKアーカイブス 9/24 23:10から) | トップページ | 夜ピクおむすび駅弁かわいい(水戸駅) »

2006.09.18

夜のピクニックの試写会に行ってきました(水戸)

映画・夜のピクニックの試写会に行ってきました。
撮影地の1つである茨城県水戸市で、今日行なわれたものです。
Yorupic_preview←試写会が始まる前の会場の様子です。(試写会の間はマスコミの方だけ撮影可だったもので。ポスターがライトアップされています。)

会場はほぼ満席です。一般の参加者の他、マスコミ、関係者、県・市関係者、そしてJRのイベント参加者もいました。(参考:映画の舞台満喫 「夜のピクニック」ロケ地巡りに130人 水戸(茨城新聞)←数日でこの記事は見えなくなると思います。)

最初に金築卓也さんが、ギター1本で「ひとりじゃないから」をしっとりと聞かせてくれました。(夜ピクのイメージソングと、前日談DVD「ピクニックの準備」の主題歌になっています。)(Yahoo!ミュージック)
この曲、「朝日の中で会おうよ」「ひとりじゃないから」といった歌詞が夜のピクニックにぴったりだと思いますよ。

続いて、長澤監督と、主演の多部未華子さんが登場。茨城で撮影したときの思い出やエピソードを語ってくれます。多部さんの「桜川や備前堀も好きです」(どちらも水戸市内の撮影地)という言葉は、地元民としてはうれしいですね。
また、前日談のオムニバス映画「ピクニックの準備」では、多部さんがエレベーターに閉じ込められたエピソードを再び披露。「人生が終わったと思った」ほどショックだったそうです。おとといのピク準の舞台あいさつでは、長澤監督は多部さんが「大泣きした」と言ってたそうですね。
#多部未華子さん可愛いなぁ(笑)。
#去年「ガチャガチャポン」(フジテレビ)に出ていた時に比べると
#一段と成長してますね。
#ナマ未華子見れて幸せ(笑)。

そして、県知事・水戸市長さんらのあいさつ、エキストラ参加によるマスコミ向け撮影会などがあった後にいよいよ作品上映
メインキャストはみんな演技がうまいですねー。しかも、原作者の恩田さんがおっしゃっていたように、原作のイメージ通りだと思います。映画の後原作を読み返すと、せりふごとに多部未華子さん(貴子役)や石田卓也さん(融役)、西原亜希さん(美和子役)、郭智博さん(忍役)たちの顔がすぐに浮かんできて、彼らがしゃべってるとしか思えなくなりましたよ(笑)。
多部さんの発案で撮影前にメインキャストと監督で60Km歩いたそうです(監督はトシの関係で少し短かめだったとか(笑))。実際に歩くと辛くて、多部さんは他のキャストからうらまれたそうですが(笑)、一方で仲良くなれたとのこと。そのせいか、みんなホントの友達のように見えましたよ。ぎこちなさがないです。
遊佐美和子役の西原亜希さん、戸田忍役の郭智博さんも存在感がありますね。

#私は感動して、エンディングでちょいと涙出ましたよ(笑)。

また、5000人に及ぶエキストラのパワーを感じました。どんなシーンでも違和感なく物語に溶け込んで、映像を支えています。
エンドロールの「協力」のところには、茨城の協力会社名や、エキストラ参加者の学校名(高校、中学)がだぁっと並びます。地元に支えられてこの映画ができたことがよく分かります。

映像的には、あぁ、もうちょっとこうだったら、というところがいくつかあったんですが、それは個人の受け取り方の違いでしょうか。
全体としては、良くできている感動作だと思います。

あまり詳しく書くとネタバレになりますが、始まってからの5分間は特にしっかり見たほうがいいかと。
最初の夜のカットはとってもきれいですし。出発ちょっと前の映像は、監督、キャスト、スタッフ(特にカメラマン)、エキストラみんなの気合が入ったものですし。なかなかOKが出なかったというのも納得できます。

会場が映画専門館ではなかったせいか、音響がちとよくなくて、映画のせりふが聞き取りづらかったのが残念です。だから、劇場公開されたらもう一度しっかり見たいと思います。(両親も誘おうかと。地元の風景が何ヶ所も登場するので楽しんでもらえそうです。)

「原作を先に読むか、映画を先に見るか」はどんな映画でも悩むところです。この映画は、原作を先に読んでいたほうがよいように思います。(amazon、原作文庫版)
映画には原作にない工夫がいくつもあるので、原作を知っていればくすっと笑えたり、なるほどーと思えたりします。原作はすぅっと読めると思いますよ。文庫版が9月7日に発売されて以来、すでに43万部も売れたとか。文庫だけで43万ですよ!

また、「ピクニックの準備」は全部見ておいたほうがより楽しめます。(DVD販売中(amazon)、レンタル中、またYahoo!動画で無料配信中)
#個人的には、高見編:「序奏」が特にオススメです。かっこいいっすよ。
#私も今夜、何本か見直そうと思います。
#「そういう伏線だったのかー」と思ったことがいくつかありました。

というわけで、今月30日の公開がとても楽しみです。

公式Blogでのレポート

映画「夜のピクニック」 水戸で試写会 主演女優らあいさつ(東京新聞)

←公式ページ、音が出るので注意。

|

« 蒸気機関車C571の貴重な番組(NHKアーカイブス 9/24 23:10から) | トップページ | 夜ピクおむすび駅弁かわいい(水戸駅) »

夜のピクニック」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/11949909

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のピクニックの試写会に行ってきました(水戸):

» 「夜のピクニック」 [やまたくの音吐朗々Diary]
9月30日から公開される恩田陸原作の「夜のピクニック」の試写。「第2回本屋大賞」受賞作を長澤雅彦監督が映画化。24時間一昼夜をかけて80kmを1000人一緒に歩き通すある高校の伝統行事「歩行祭」(恩田氏の母校で実際に行われている行事)。そのスタートから ゴールまでを記録した... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 21:27

« 蒸気機関車C571の貴重な番組(NHKアーカイブス 9/24 23:10から) | トップページ | 夜ピクおむすび駅弁かわいい(水戸駅) »