« いしづかあつこ対談に登場(月のワルツ作者) | トップページ | コニカミノルタ、カメラから撤退 »

2006.01.19

auがiPod対抗サービス開始

auが、PCを使った音楽配信事業に乗り出すそうです。
「iPod+iTunesに対抗できるサービスだ」──auのLISMO

音楽ケータイを「iPod」のようなポータブルオーディオプレーヤーに見立て、「iTunes」に相当するPC用楽曲管理ソフト「au Music Port」を無償提供。さらに、au Music Portから楽曲をダウンロード購入できるサービス「DUOMUSIC STORE」も4月に開始する予定だ。

この記事を読む範囲では分からないのですが、この方式で買った曲を、PCやケータイで一生聞き続けることが可能かどうかが気になります。auのケータイの契約をやめたときにどうなるのか、も含めて。
現在行われている音楽ダウンロードサービスの中には、「(著作権管理方式を厳しくしているので)PCを買い換えたら曲が聞けなくなります」という、ばかばかしいものがあります(笑)。しかも音楽CDへの書き出し不可だったりして(爆笑)。
PCなんて数年で絶対買い換えるのにね。一度買った曲が消えたのではたまりません。
メディアの寿命問題はまだ明確ではありませんが、CDやMDは、一応一生モノと思って買ったりダビングしたりしてますものね。

楽曲のエンコード方式も、LISMOはHE-AAC(aacPlus、着うたフルと同じ)という、汎用性の低い方式を使っているのが気になります。

一方のライバルであるiTunesは、再生するPCを5台まで認証でき、PCを廃棄したり譲るときには、その認証は消すことができるようなので、一生かどうかは分かりませんがかなりの期間大丈夫そうです。(まだやったことがないので自信を持って言えませんが。)

いずれにしても、これからも注目していきたいものです。

|

« いしづかあつこ対談に登場(月のワルツ作者) | トップページ | コニカミノルタ、カメラから撤退 »

「音楽」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: auがiPod対抗サービス開始:

« いしづかあつこ対談に登場(月のワルツ作者) | トップページ | コニカミノルタ、カメラから撤退 »