« 熱海市のヒマラヤザクラ | トップページ | 相沢巧弥子(歌スタ)のCD「ハンモック/遠くへ」は2/1発売予定 »

2005.12.18

ミュージカル仕立てのみんなのうた「グラスホッパー物語」(高見ノッポ)

NHK「みんなのうた」で偶然「グラスホッパー物語」を見て感動しました。
オススメです。

出演しているのは高見ノッポさん。
NHKの長寿番組「できるかな」にも出ていた、あのノッポさんです。
ノッポさんはフジテレビ「ポンキッキーズ」にも脚本で参加していました。

物語のストーリーは、高見さん演じるおじいさんのバッタが、孫バッタたちを前に昔話をするというもの。でも、多くは語りません。是非皆さんにも見ていただきたいです。
高見さんは、歌、タップダンスの他、脚本、作詞も担当されています。

高見さんは12日のNHKラジオ第一「きょうも元気で!わくわくラジオ」のインタビューにも出演されました(父に頼んだ録音が間に合わず、一部聞き逃しましたが)。
高見さんは「大人が見るとすごい確率で泣いてしまう。十数人が見るとそのうち7,8人も」という意味のことをおっしゃっていましたが、私も泣きましたよ、ええ(笑)。
音楽も高見さんの歌も良いのですが、高見さんのタップダンスとクレイ(粘土)アニメ、イラスト、CGが違和感なく溶け合って渾然一体となっていて、まるでミュージカルのようになっています。たった5分弱なのに。
アニメの作者やCG担当の方はものすごく苦労されたことと思います。
私は、こうした作り手の努力が伝わってくるような作品を見ると感動してしまいます。

みんなのうたでは昨年、いしづかあつこさんのすばらしいアニメーションを伴った「月のワルツ」が放送されました。
これからも、私たちを感動させてくれる作品がどんどん出てくることを期待しています。
「グラスホッパー物語」の放送期間は来年1月まで。曜日によって放送時間がいろいろと変わりますのでみんなのうたのホームページで確認してください。
CD+DVDは06年1月18日発売予定です。(amazon)

|

« 熱海市のヒマラヤザクラ | トップページ | 相沢巧弥子(歌スタ)のCD「ハンモック/遠くへ」は2/1発売予定 »

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル仕立てのみんなのうた「グラスホッパー物語」(高見ノッポ):

« 熱海市のヒマラヤザクラ | トップページ | 相沢巧弥子(歌スタ)のCD「ハンモック/遠くへ」は2/1発売予定 »