« 伊豆・河津町の桜はそろそろ見頃 | トップページ | 触れるだけで通信できる技術 »

2005.02.22

板野サーカス・インタビュー完結

アニメ・超時空要塞マクロスなどで、驚きの動画「板野サーカス」を見せてくれた板野一郎さんがロングインタビューに答えています。
最近それが完結したので、改めてご紹介します。

WEBアニメスタイル アニメの作画を語ろう animator interview 板野一郎(1)
(全部で6ページもあります。)

読んでいて思わず笑っちゃうことがたくさんあります。
キーワードは、「首を飛ばしたり手を飛ばしたり」(1)
「鉄人やダイターン3らしきロボットが登場」「キカイダーVSハカイダーごっこだ!」(2)
「バカミサイル」(3)
「夏なら畑で寝る」(4)
「ウルトラ(劇場版「ULTRAMAN」)は...怖くて子どもが泣いちゃうようなものにしよう(笑)」(5)

そして、まとめのほうではこういうこともおっしゃっています。
「表現者としての一番の基本は、人を感動させる事なんで。だから、自分の表現力で人を笑わせたり、びっくりさせる。やっぱりそれが表現者のひとつの目的というか。“サーカス”と言われるようになったのは、他の人と違ったからだと思うんです。」(6)

また、6ページ目で「もう『マクロス』では画を描かないと思うんですよ」と語っています。
私たちファンとしては、マクロスの中で板野さんが描く驚愕の戦闘シーンがもう見られないと思うと、ちょっと寂しいですね。

また、MACROSSなどのプラモデルのボックスアートを描いてる天神英貴さんも、MACROSS ZEROに参加されていたんですね。
天神さんの絵は迫力があってかっこよくて、プラモを作らない私でも、思わず買ってしまいそうになります。


そしてもう一つ、板野さんに関するコラムです。
WEBアニメスタイル COLUMN アニメ様の七転八倒 小黒祐一郎  第3回 板野サーカスの神髄

|

« 伊豆・河津町の桜はそろそろ見頃 | トップページ | 触れるだけで通信できる技術 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板野サーカス・インタビュー完結:

« 伊豆・河津町の桜はそろそろ見頃 | トップページ | 触れるだけで通信できる技術 »