« 高知筆山公園の桜はほぼ病気 | トップページ | 薔薇乙女最終回も時間変更 »

2004.12.17

戦艦大和にティルトロータが着艦・アニメジパング

アニメ・ジパング11話「ガダルカナル」(16日深夜放送)は、タイムスリップしたイージス艦「みらい」艦載機のティルトロータ機「海鳥」が着陸するところから始まりました。
あぁ、背筋がぞくぞくします。
ティルトローター機は プロペラが90度回転する、「ホバリングができるプロペラ飛行機」です。
まだ研究中で、2005年をめどに実証機の初飛行が予定され、2010年から2030年をめどに生産を始めるとのことです。

そうした、まだ開発途中という機体が、1942年の戦艦大和の後部甲板に着艦するシーンでした。
CGで描かれた大和には破綻がなく(ちょっと細部がさびしいかも)、とても迫力がありました。
すでにジパングの歴史は、現在へ続くこの歴史とは少しずつずれ始めています。
コミックも、まだ戦後まで達していません。(少なくとも、あと5,6年は続くらしいです。)
果たしてジパングの歴史の日本は、戦後幸せな国になるのでしょうか。

|

« 高知筆山公園の桜はほぼ病気 | トップページ | 薔薇乙女最終回も時間変更 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和にティルトロータが着艦・アニメジパング:

« 高知筆山公園の桜はほぼ病気 | トップページ | 薔薇乙女最終回も時間変更 »