« 眞鍋かをりのめがね写真TVに登場(めがね写真コレクションもつけました) | トップページ | 次はBS-hi、列島縦断鉄道12000Km再編集版 »

2004.12.07

コミックPLUTOに驚きのアトム登場

手塚治虫原作の鉄腕アトムを、現代漫画界の巨匠浦沢直樹さんがリメイクして、コミック「PLUTO」が誕生しました。
アトムの中の一作、「地上最大のロボット」を長編としてリメイクしたものです。

ロボットが人間と共存している未来、ロボットを狙った殺人(破壊)事件が連続します。
捜査するのは、ドイツのロボット ゲジヒト刑事。
やがて、彼も犯人の標的である7体に含まれることを知ります。

コミック第1巻の最後のシーンが私には衝撃的でした。



「君が…… アトム君だね?」
「はい。」



うわぁ、こんなアトム今まで見たことがないよ!
君はホントにアトムなのか!?

今後の展開がものすごく楽しみです。
(私はまとめて読みたいので、コミック2巻の発売を待ちたいと思います。)

豪華版というのもあるそうで、原作の手塚版「地上最大のロボット」も完全収録されているとのこと。あぁ、こっちも興味がある。でも1800円...。

|

« 眞鍋かをりのめがね写真TVに登場(めがね写真コレクションもつけました) | トップページ | 次はBS-hi、列島縦断鉄道12000Km再編集版 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミックPLUTOに驚きのアトム登場:

« 眞鍋かをりのめがね写真TVに登場(めがね写真コレクションもつけました) | トップページ | 次はBS-hi、列島縦断鉄道12000Km再編集版 »