« ウェザーマップ社が2013年初の桜開花予想、平年並み(1/23) | トップページ | 沖縄県本部町八重岳のカンヒザクラ »

桜のシンポジウム「美しい日本の桜を未来に伝えるー系統保全の現状と新展開―」(無料、新木場、2013/2/16)

桜の収集と研究を行なっている多摩森林科学園が、公開シンポジウム「美しい日本の桜を未来に伝えるー系統保全の現状と新展開ー」を開催します。
桜に関心のある一般の方向けの講演会とのこと。DNA識別と形態解析など、最新の技術と研究による分類や系統管理について、専門家の講演が聞ける貴重な機会だと思います。
私も拝聴したいと思っています。

2月16日(土)、公開シンポジウム「美しい日本の桜を未来に伝えるー系統保全の現状と新展開―」を開催(多摩森林科学園のブログ)
上記リンクに、パンフレットのPDFや申し込み方法が書かれています。

2月16日(土)13-17時、場所は多摩森林科学園(八王子市の高尾駅近く)ではなく、新木場駅前の木材会館です(高尾より行きやすい場所ですね)。
参加は無料で、事前に電子メールでの申し込みが必要とのことです。

|

« ウェザーマップ社が2013年初の桜開花予想、平年並み(1/23) | トップページ | 沖縄県本部町八重岳のカンヒザクラ »

桜の科学」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/56604885

この記事へのトラックバック一覧です: 桜のシンポジウム「美しい日本の桜を未来に伝えるー系統保全の現状と新展開―」(無料、新木場、2013/2/16):

« ウェザーマップ社が2013年初の桜開花予想、平年並み(1/23) | トップページ | 沖縄県本部町八重岳のカンヒザクラ »