« 日本気象協会『桜ライン311』の桜植樹に参加 | トップページ | 「夜の森の桜まつり」規模縮小し2013年復活へ 福島県富岡町 »

那覇市でカンヒザクラ史上最も早く開花(2012/12/28)

那覇のカンヒザクラ(ヒカンザクラ)、史上最も早い開花です。昨シーズンより25日早い開花です。

暖冬の場合桜の開花が遅れる傾向になりますが(寒さの中での休眠が足りなくなる)、今年は平年並みか寒い冬になっているため、桜の休眠が順調だったようです。
その後「12月中旬、一時急に気温が高くなった時期があった」(別記事)ことが、この時期の開花の引き金になったと思われます。

いよいよ2013年度の桜前線がゆるやかに出発しました。
tenki速報(日本気象協会)

15時35分[ 沖縄県 ]那覇(那覇市末吉)で桜の開花(ヒカンザクラ)を観測しました。(平年より21日早く、昨年より25日早い)

那覇市でヒカンザクラが史上最も早く開花(NHK)

|

« 日本気象協会『桜ライン311』の桜植樹に参加 | トップページ | 「夜の森の桜まつり」規模縮小し2013年復活へ 福島県富岡町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/56411423

この記事へのトラックバック一覧です: 那覇市でカンヒザクラ史上最も早く開花(2012/12/28):

« 日本気象協会『桜ライン311』の桜植樹に参加 | トップページ | 「夜の森の桜まつり」規模縮小し2013年復活へ 福島県富岡町 »