« 「シドモア桜」里帰り、横浜や相模原に植樹へ/神奈川 | トップページ | 山北の染井吉野のライトアップと月の光 »

仁和寺の御室桜に新品種か、「揚道桜」と命名予定

仁和寺の御室桜の9割以上は「御室有明」という種類。境内に1本しかないこの桜は枝を横へ広げるように伸ばし、花の時期も御室有明から半月ほど遅れるそうです。

住友林業がDNAを調べ、約200品種分のデータベースと照合したが、一致するものがなかったため、新品種の可能性が高いと判断した。…
泣き桜は衰えが目立つため株分けや接ぎ木では増やせず、住友林業が芽の組織を基に、クローン技術を使って苗木を増殖させることに成功。

仁和寺の御室桜に新品種か 住友林業がDNA鑑定 苗木のクローン増殖にも成功(産経)

|

« 「シドモア桜」里帰り、横浜や相模原に植樹へ/神奈川 | トップページ | 山北の染井吉野のライトアップと月の光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/54803683

この記事へのトラックバック一覧です: 仁和寺の御室桜に新品種か、「揚道桜」と命名予定:

« 「シドモア桜」里帰り、横浜や相模原に植樹へ/神奈川 | トップページ | 山北の染井吉野のライトアップと月の光 »