« 石巻市釣石神社のオオヤマザクラ返り咲き(狂い咲き) | トップページ | “恒例”の狂い咲き 湯沢署のエドヒガンザクラ(秋田) »

津波の記憶、桜に託す 到達地点に1.7万本計画「桜ライン311」 陸前高田

津波の到達ラインが記憶に残る、いい方法かと思います。
ただ、千年残そうとすると染井吉野では心もとないので(世話をしないと短命)、エドヒガンなど長寿の桜も混ぜるとよいのではないかと思います。
また、津波で土中の塩分が濃くなっていないことを確かめたほうがよいかも知れません。

津波の記憶、桜に託す 到達地点に1万本計画 陸前高田(朝日)

後世の教訓に…津波到達ラインに桜1万7千本(読売)

11月6日には、最初の35本が植樹されたそうです。神奈川県松田町から贈られた河津桜がありました。ただ、河津桜は寒さに弱いので(私の知る限り群馬県、茨城県が北限)、十分な手入れが必要かと思います。桜が順調に根付けば、来年の震災1周年の日の頃には咲きそうです。
(あるいは、移植によって環境が変わったことがきっかけで、この冬に少し咲くかも知れません。)

|

« 石巻市釣石神社のオオヤマザクラ返り咲き(狂い咲き) | トップページ | “恒例”の狂い咲き 湯沢署のエドヒガンザクラ(秋田) »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/53131360

この記事へのトラックバック一覧です: 津波の記憶、桜に託す 到達地点に1.7万本計画「桜ライン311」 陸前高田:

« 石巻市釣石神社のオオヤマザクラ返り咲き(狂い咲き) | トップページ | “恒例”の狂い咲き 湯沢署のエドヒガンザクラ(秋田) »