« 第19回さくらサミットinよしの | トップページ | 山口でヤマザクラ返り咲き(2010/9/23) »

知床羅臼湖木道で再び枝が切られる、遅い桜は大丈夫?

また羅臼湖木道で木々の枝が切られたそうです。
7月に道職員によって、「国内で最も遅く咲く桜」と言われる千島桜(記事内では近縁種のミネザクラ)が3分の1程を残して切り落とされており、その桜が更に切られてしまったのではないかと心配です。
知床:誰のしわざ? 羅臼湖の木道沿いで枝100本以上バッサリ(毎日.jp)

ここ東京から確認しに行くのは大変です…。私は来夏までおあずけかも知れません。

私が今年の海の日に行った時の記事はこちら→海の日に咲く知床の桜が切られましたが

なお、桜専門家によると、ミネザクラと千島桜の性質には連続性があるため、特に厳密に区別する必要性はないそうです。私がこの桜を観察したところ、葉や葉柄に細かい毛が密生していたため、千島桜の性質が強いと思い、千島桜としています。

|

« 第19回さくらサミットinよしの | トップページ | 山口でヤマザクラ返り咲き(2010/9/23) »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/49536361

この記事へのトラックバック一覧です: 知床羅臼湖木道で再び枝が切られる、遅い桜は大丈夫?:

« 第19回さくらサミットinよしの | トップページ | 山口でヤマザクラ返り咲き(2010/9/23) »