« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

青森県で桜に雪('08)

毎年、春と初冬に咲くとのことですから、冬咲きの性質を持っている桜だと思います。
ヤマザクラ系ということですが、写真からでは種類が分かりませんね。
サクラ雪化粧(読売新聞)

| | トラックバック (0)

愛知県豊田市小原の四季桜、見頃は11月いっぱいか('08)

いやぁ、よく咲いていますね。
桜と紅葉の競演 寒さの中、鮮やかなコントラスト(産経新聞)

#あたしゃ体調が悪くて出かけられませんよ…。

| | トラックバック (0)

ハノイへ桜1000本植樹、小山発('08)

植樹する桜の種類は分かりませんが(南国のカンヒザクラ?)、ハノイでちゃんと育つことを祈ります。
ハノイへ桜1000本植樹 小山の専門学校生ら出発(下野新聞)

| | トラックバック (0)

八千代市で十月桜見頃('08)

新川中流の宮内橋付近に八本だけあるそうです。
“冬の季節”にサクラの便り 八千代で見ごろ(東京新聞)

| | トラックバック (0)

秋冬の三大桜(?)豊田市で四季桜見頃('08)

おお、いよいよ来ましたねぇ。桜が紅葉と共演しています。
四季桜:紅色に染まる山に映える--愛知・豊田(毎日.jp)
「秋冬の三大桜」は、私が勝手に言っているものです(笑)。
あとの2ヶ所は、
・桜山公園(冬桜) 群馬県藤岡市
・城峯公園(十月桜) 埼玉県神川町
です。

| | トラックバック (0)

豊岡で桜がモミジに負けず開花('08)

残念ながら、この記事からでは桜の種類は予測ができないです…。
桜:モミジに負けず開花--豊岡 /兵庫(毎日.jp)
明日はこの冬一番の寒気が南下するとのこと。もしかしたら、桜に雪が降るでしょうか。

| | トラックバック (0)

桜山公園(藤岡市)の冬桜は100歳('08)

今年は日露戦争の戦勝を記念して、冬桜の植樹が始まってから100周年にあたります。
ほぼ八分咲きで、見ごろのモミジなどの紅葉と同時に楽しめるとのこと。
染井吉野を植えたつもりが、何を間違えたか冬桜が3~4割も含まれていたため、次第に冬桜の名所として知られるようになりました。
怪我の功名といえるでしょう(笑)。
冬桜100歳(読売新聞)

私の思う、秋冬の三大桜の1つです。

| | トラックバック (0)

富山県中央植物園で冬の桜見ごろ('08)

ここでも十月桜と子福桜。
一番の見頃は今週いっぱいとのことです。
県中央植物園:冬の桜、見ごろ /富山(毎日.jp)

| | トラックバック (0)

カルビーから桜の入ったポテトチップス、北海道に「合格の木」も

カルビーが、受験生応援企画として「ポテトチップス 合格桜塩味」を発売するそうです。12月22日より1月中旬まで。
実際に桜の花と葉を使うそうで、桜入りのポテチは珍しいと思います。
カルビー、桜が入った受験生応援ポテトチップス(日経トレンディ)

また、受験生応援のシンボルとして北海道にある1本のエゾヤマザクラを「合格の木」と名付け、合格の木に願掛けをするキャンペーンをしています。
カルビー 咲かせよう!合格の木

この木、北海道弟子屈町にある「弟子屈町名木第4号」という名前の桜です。
これからは私も、「合格の木」と呼ばせていただきます(笑)。
080518teshikaga←クリックで拡大 2008年5月に私が撮った写真です。

| | トラックバック (0)

三鷹市野川公園の子福桜、十月桜が見頃(08/11/15)

野川公園で、子福桜、十月桜が見頃になっています。
0811153←クリックで拡大
子福桜に紅葉が色を添えます。
0811153

クリックで拡大→
十月桜のアップ
もうしばらく見頃が続きそうです。

| | トラックバック (0)

萩市で冬桜が見頃('08)

萩市の民家だそうです。
冬桜:「晩秋のお花見」はいかが… 萩で満開 /山口(毎日.jp)

| | トラックバック (0)

九州で南下する桜前線-温暖化の影響

地球温暖化と桜の関係について述べた記事です。
【生きもの異変 温暖化の足音】(16)「南下」するサクラ前線(産経ニュース)

暖冬の年には、鹿児島よりも北の熊本のほうが早く咲くことがよくあります。また、鹿児島で開花から満開まで2週間かかったり(普通は5~7日程度)、満開になってもきれいに咲きそろわなかったりします。

日本の南から、染井吉野が大きな影響を受け始めているのだと思います。

| | トラックバック (0)

温暖化ニッポンでは染井吉野が咲かないかも

地球温暖化が進んだ未来の日本では、染井吉野が満開にならなかったり、開花さえしなかったり…。
九州大の教授が、こうした研究結果を日本気象学会で発表するそうです。
満開ソメイヨシノ、幻になる?温暖化進行の40年後予測(asahi.com)

染井吉野は、夏にできた花芽が、一定期間の低温にさらされて初めてきちんと開花します。これを、休眠打破といいます。しかし、温暖化によって休眠打破がきちんとなされないと、満開にならなかったり、開花さえしなかったりします。現在でも、九州南端の鹿児島などでは、暖冬の時には桜が咲きそろわないことがありますね。

更に温暖化が進むと、染井吉野が生育しない場所が発生するかも知れませんが、この研究結果ではそこまで検討していないように思います。
つまり、染井吉野の分布自体が変わってしまうことです。

私が見た中でもっとも南端の染井吉野は、沖縄本島北部の山岳部のものです。数十本植えられていましたが、いずれも元気がなく、小さいままのもの、今にも枯れそうなもの、そしてすっかり枯れてしまったものなどでした。また、秋に少し開花したり葉を出してしまうのも特徴的な現象です。冬の休眠を待たずして秋に開花してしまうのです。秋に葉が出ても、冬が来ると落ちてしまうそうで、これが繰り返されると春に出るべき葉が少なくなってしまい、成長を妨げることになります。
地球シミュレータの少し古いシミュレーションによれば、2100年の東京は、今の奄美大島くらいの年平均気温になってしまうそうです。現在の奄美では、染井吉野は高山部にしかありません。ということは、東京の平地では染井吉野が育たないかも知れません。東京の染井村(豊島区駒込6丁目付近)から全国に広まった桜なのに。
東京より西の地方では、やはり平地で染井吉野が見られなくなるかも。

地球温暖化で最も怖いのは、実は食料の生産量が減ることや、地球規模で食料の分布が変わってしまうことです。それに伴う食料争奪戦が起きるのはもちろんのこと、人類がおろかであれば、食料戦争が起きてしまうかも知れません。
疫病の拡大も恐るべきリスクです。

なので、本当はのんびりとお花見の話などしている場合ではないのかも知れません。

さまざまなリスクを減らすため、そして日本人の心の花である桜が少しでも今の様子をとどめられるよう、私たちは温暖化に対して、省エネやCO2地中固定などの対策を行なっていく必要があると思います。

| | トラックバック (0)

前橋市と福島県伊達市で桜見頃('08)

十月桜が満開 前橋のフラワーパーク(東京新聞)
12月上旬までが見頃だそうです。
秋のみごろ 四季桜(読売新聞)
「やながわ希望の森公園」で、11月いっぱいは咲いているそうです。

| | トラックバック (0)

初音ミクも歌う“卒業ソング”「桜ノ雨」は2009年春の定番かも

11月26日にシングル「桜ノ雨」で、absorb(アブソーブ)というバンドがデビューします。
セーラー服姿の初音ミクが歌う“卒業ソング”に全国40校から出演オファー(BARKS)
卒業ソングを多治見から 地元出身の森さんら合唱プロジェクト(中日新聞)
ウェブ発の卒業歌が話題に-セーラー服姿の初音ミクも参加(アキバ経済新聞)
新しい試みなのは、ボーカルが「初音ミク」のバージョンも収録されること。初音ミクは実際の女性歌手ではなく、コンピュータによる音声合成ソフトです(元の声は実在の女性のものですが)。バーチャルシンガーですね。
でも、ミクの歌、かなり素敵です。何気なく聞くと、音声合成とは思えません。

「桜ノ雨」は口コミで人気が出て、ファン有志による「桜ノ雨」合唱プロジェクトも発足。全国約40校の学校から文化祭、卒業生を送る会、卒業式で生徒による合唱を実施したいなどのリクエストが集まっているそうです。

2009年春の定番卒業ソングになるかも知れません。

初音ミク / 桜ノ雨 】オリジナル曲(ニコニコ動画)←ユーザーID(無料)が必要です
桜ノ雨学園
桜ノ雨学園資料室 (桜ノ雨プロジェクト @ wiki)

| | トラックバック (0)

埼玉・城峯公園で十月桜見頃('08)

埼玉県神川町の城峯公園で、十月桜が見頃になったそうです。
冬桜:寒風の中にピンクの花--埼玉・城峯公園(毎日新聞)
冬桜:埼玉・城峯公園で見ごろを迎え、ライトアップ(毎日新聞)

冬桜と宣伝されていますが、種類としては十月桜です。

| | トラックバック (0)

町田と野田で十月桜開花中('08)

町田市の鶴川中学校で十月桜が開花中とのことです。
十月桜 満開(読売新聞)
『十月桜は、四季桜とも呼ばれ』とありますが、十月桜と四季桜は、品種としては別のものです。

千葉県野田市では、桜木神社で30本が開花しているとのこと。
秋のお花見(読売新聞)
『「十月桜」と呼ばれる寒桜の一種』とありますが、十月桜と寒桜も、品種としては別のものです。

秋咲きの桜を、一般的に四季桜とか寒桜と呼ぶ場合があるので、それらの呼び名と品種の名前が混同されているかも知れません。

| | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »