« 小田原駅で河津桜の大きな生け花 | トップページ | 記事:啓翁桜「日本一」譲らぬ 山形県、超促成栽培を指導 »

記事:2007年の桜は遅咲き?寒さで目覚める性質、暖冬で寝ぼけ

そう、暖冬の年は桜が寝ぼけるんですよねー。

今年の桜は遅咲き?寒さで目覚める性質、暖冬で寝ぼけ(読売新聞)

開花のメカニズムに詳しい大阪府立大学大学院の青野靖之・助教授(農業気象学)は、「今シーズンのようにこれだけ暖かいと、南の地域は、サクラの寝起きが悪いことが予想される。九州では、サクラ前線が福岡から鹿児島へ南下することもあり得る」と話す。

九州で、鹿児島以外が最初に開花する年は、だいたい暖冬です。桜が寝ぼけてしまい、少し北の熊本が最初の開花だったりすることが多いですね。

今年2007年の沖縄の桜が遅れているのも、暖冬で桜が寝ぼけている(休眠が足りない)せいだと思います。

ま、私は3月7日の、気象庁の開花予想(初回)を待ってみようと思います。気象庁にはこれまでの蓄積があるので、一番確からしい予想をしているような気がします。

|

« 小田原駅で河津桜の大きな生け花 | トップページ | 記事:啓翁桜「日本一」譲らぬ 山形県、超促成栽培を指導 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/13980066

この記事へのトラックバック一覧です: 記事:2007年の桜は遅咲き?寒さで目覚める性質、暖冬で寝ぼけ:

« 小田原駅で河津桜の大きな生け花 | トップページ | 記事:啓翁桜「日本一」譲らぬ 山形県、超促成栽培を指導 »