« 沖縄・八重岳でカンヒザクラ開花 | トップページ | 沖縄県本部町で桜と梅の競演 »

桜ストーカーの書いた本「にっぽんお宝桜撮影行」

私の桜仲間、ピート小林さんが、文庫本「にっぽんお宝桜撮影行」を出版されました。
(amazon)
エイ出版社(「エイ」は「木へんに世」) ISBN4-7779-0487-3  740円+税
立ち読みはこちら

小林さんのニックネームは「桜ストーカー」(笑)。
日本の桜をアグレッシブに追いかけているエネルギーが写真と文章にあふれています。本業がコピーライターなので文章も個性的。
小林さんは車を運転されず、JRやバス、ヒッチハイクなどの手段で桜前線を追いかけています。
JRに乗るときは、青春18きっぷや北海道フリーきっぷなどお得なきっぷを活用されています。宿も、夜行列車や1泊3000円程度の安い宿を利用。2004年の旅の記録が載っていますが、3月27日から5月20日まで全国を股にかけてほぼ毎日旅しています。
本のサブタイトルは「スロー日本の桜前線をチープシックに往く」。

三春の滝桜や弘前城など人気の場所はもちろんのこと、海辺の廃屋に寄り添う桜など、有名無名を問わずいろいろなシチュエーションの桜が取り上げられています。
これまでの桜の書籍にないような、情熱あふれるこだわりの写真を見ることができます。
私もこの本を見て、今年の桜前線追跡の参考にします。

|

« 沖縄・八重岳でカンヒザクラ開花 | トップページ | 沖縄県本部町で桜と梅の競演 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/8118313

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ストーカーの書いた本「にっぽんお宝桜撮影行」:

« 沖縄・八重岳でカンヒザクラ開花 | トップページ | 沖縄県本部町で桜と梅の競演 »