« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ドラゴン桜は染井吉野だった

TVドラマ「ドラゴン桜」では、ストーリーの中で主人公桜木が龍山高校のシンボルとして実際に桜を植えていますが、その裏話がホームページに出ていました。(TBS official)

桜の種類は染井吉野。
植樹場所は、廃校となった学校を借りています。(全国ロケ地ガイドによれば、横浜市鶴見区寛政町:寛政高等学校とのこと。)
クランクインが6月とのことですので、植樹も6月に行なわれたのでしょう。青々した葉っぱが印象的です。
ただ、桜の移植に適した時期は冬だと言われていますし、桜は生長するほど移植後の定着が難しいそうですので、来年春までしっかり管理して花を咲かせてもらいたいものです。

| | トラックバック (0)

昨日の桜花・羅臼湖(北海道知床)

先週、世界自然遺産に登録された北海道・知床で、桜が咲いていました。
0507171←クリックで拡大

桜の種類はチシマザクラ。高さ1mちょっとと、背は低めで小さい木です。遊歩道からは少し離れているため、望遠で撮りました。背景は羅臼岳。
この木のほかにも、まだつぼみばかりの桜もありました。今年は雪が多かったため、羅臼湖周辺の桜は遅めのようです。

#エゾヒグマの縄張りの中にあるような場所なので(^^;;
#熊鈴と携帯ラジオは必須です。

これで、今シーズンの桜旅はやっと終了です。
来シーズンは8月下旬から始まります。

旅日記は、後日こちらにアップします。

| | トラックバック (0)

ドラゴン桜で桜植えてましたが

今週のドラゴン桜(TVドラマ)で、高さ3,4mくらいある桜を移植(official)していましたが、桜の移植には、桜が眠っている2月が最適とのこと。
今回植えたのは、青々とした葉が茂っていましたから2月ではないですよね。ドラマ的にもちゃんと育ってくれることを祈っています。

#今週のオフィシャルサイトには、ハセキョー(長谷川京子さん)のメガネ姿の写真はありませんでした。残念。

| | トラックバック (0)

サンパウロでヒマラヤ桜満開

南半球はいよいよ本格的な桜のシーズンを迎えようとしています。

ヒマラヤ桜が満開に・カルモ公園で恒例の桜祭り(サンパウロ新聞)

園内の開花情報をまとめると、
・七月に入ると沖縄桜、つづいてヒマラヤザクラ
・八月には高知県から来た雪割桜
となります。
沖縄桜とはカンヒザクラのことだと思いますが、カンヒよりもヒマラヤザクラが少し遅いというのが日本とは違いますね。
南半球の7月は、日本の1月と考えられますが、日本でヒマラヤザクラが12月に咲くことを考えると、ちょっと遅めのようです。

| | トラックバック (0)

小田原城隅櫓橋来春で見納め

桜の名所の1つ、小田原城址公園の隅櫓橋が来春以降に取り壊しになるそうです。
小田原城址公園:桜の名所“隅櫓橋”、来春で見納め 馬出門復元で撤去 /神奈川(Mainichi INTERACTIVE)
小田原城にはまだ行ったことがないのですが、他の方の写真を見ると、橋がよい構図の1つになるようですね。
「橋周辺では工事が始まるため、花見シーズンに橋を写真撮影できる場所はこれまでより制限される」というのが気になりますが、来春の撮影候補の一つにしておこうと思います。

| | トラックバック (0)

ブラジルで桜祭り・花より団子

地球の裏側・ブラジルでは、今どきが桜祭りのシーズンなんだそうです。

桜祭りに8千人=「花より団子」楽しむ=サンロッケ(ニッケイ新聞)
太鼓、ヨーヨー、もち、餃子など、日本と変わらないですね。
桜の種類は、やはり染井吉野でしょうか。7月2日を半年ずらすと1月2日という計算になりますが、日本では1月初旬にはまだ染井など咲かないですよね。

#将来、手軽に南半球に行けるようになったら、
#年中桜旅ももっと楽になるのになぁ(笑)。

| | トラックバック (0)

羅臼湖登山道で桜見頃

再来週私が狙っている羅臼湖の桜が新聞サイトで紹介されました。
知床で夏の“花見” チシマザクラ咲く 羅臼(北海道新聞)

この周辺の桜は、根元にどのくらい長く雪が残っていたかで開花時期が変わります。
だから、再来週に花が残っている可能性は、ないわけではないかな、と、自分を勇気付けておきます(笑)。

| | トラックバック (0)

今日の桜・栂池自然園(長野)

1年のうちでも、7月と8月の桜花を見るのは大変むずかしいです。で、この7月はいろいろ情報収集した結果、だめもとで北アルプスの栂池自然園に行ってきました。
ビジターセンターの方から、「昨日も桜を撮りにきた方がいらっしゃいましたが、昨夜の雨で散ったかも知れませんよ」とおどされたものの(笑)、なんとか花を見ることができました。
0507021←クリックで拡大
私が好きな「岩乗り桜」(私が勝手に命名したので念のため)はまだ花を残していました。やった!
岩の横幅は2,3m、高さは1mぐらい。その岩の上で、太さ15〜20cmもある幹がたくさんの方向に枝分かれしています。枝張りは直径5m以上はあるだろう大桜です。岩の上に積もった落ち葉などの上で発芽したか、地面から幹が岩を伝って這い上がってきているのではないかと思われます。
旅日記はこちら

再来週は北海道知床へ行きます。もしかしたら、そこでも桜が見られるかも。

| | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »