« そして7月の桜 | トップページ | 一心行の桜、予想以上の被害(2004) »

海の日の桜ばな(04/7/19)

そして、海の日の桜ばなです。
北海道知床の羅臼湖入り口付近で見ました。
0407192

前回の斜里岳が今シーズン最後になると思い込んでいたのですが、それより遅い桜が見つかりました。
辛うじて4輪だけ残っていました。
桜の写真をじっくり撮っている私の横を、3グループ、計20人ほどのトレッキングの人が通っていきました。
ガイドさんはみんな、この珍しい超遅咲きの桜の説明をしていました。
聞けば、3週間ほど前まで根元を雪に覆われていたため、周囲の桜よりも開花が遅くなったのだろうということです。

本当は、これより遅い桜が、北海道や本州の高山部にまだ残っている可能性があるのですが、
いつもその花を観察している人がいるわけではないので、開花情報が入りません。
遅い年ですと、8月上旬まで桜が残る可能性があるそうです。

これ以降、桜を見ることが難しいため、私の今シーズンの桜旅は海の日をもって終わりです。
次の桜のシーズンの旅は、8月下旬に始まります。
それまで1ヶ月ほど、桜の旅はお休みです。

|

« そして7月の桜 | トップページ | 一心行の桜、予想以上の被害(2004) »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2964/1075133

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日の桜ばな(04/7/19):

» 清里 [(^Q^) まうんとくっく日誌]
この勇敢な姿は、北海道の清里から見た斜里岳です。 高さは1,400mと低めですが、ななんと高山植物が見られるのです。なぜか?... [続きを読む]

受信: 2004.09.15 08:39

« そして7月の桜 | トップページ | 一心行の桜、予想以上の被害(2004) »